眼の病気とめまい

眼の病気とめまいについて

ある日突然、めまいがしてクラクラしてしまうと、どんなに健康に気を付けている人でも不安になってしまいますよね。めまいといっても、どんなタイプなのかによって疑われる病気も異なります。

・グルグル回るタイプ
周りの視界がグルグル回っているような感じの眩暈は、目の病気というよりは耳の病気が疑われることが多いようです。それまではまったく前兆などなかったのに、突然めまいがするのが特徴で、重度の場合には乗り物酔いになったように吐き気を催すこともあります。この場合には、前庭神経炎、メニエール病、良性発作性頭位めまい症、突発性難聴などの可能性があります。手足がしびれるような症状を伴う場合には、脳に原因がある可能性もあるので、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

・立ちくらみタイプ
フワフワした感じ、といってもピンとこない人も多いと思いますが、立ちくらみになった時のように、まっすぐ立っていられない感じだったり、体が揺らるような感じの眩暈が頻繁に起きる場合があります。このタイプの眩暈は生活習慣病や更年期障害、自律神経失調症などの症状として起きやすいもので、一時的に脳に送られる血液量が少なくなってしまうためにおこることが多いようです。目の前が一瞬だけ真っ暗になったりすることがあるので、じっとしてめまいが収まるのを待ちましょう。

・ヨロヨロするタイプ
体全体がユラユラするというよりは、足元が地震のようにグラグラして歩きづらいというようなタイプのめまい。平衡感覚が亡くなったような感じで、まっすぐに歩けなくなるのが特徴です。このタイプの眩暈は、脳に原因がある場合が多いため、すぐに脳神経外科や神経内科を受診する必要があります。疑われる疾病には、脳梗塞や一過性脳虚血発作などがあります。

めまいが起きると、真っ先に目で異常を感じるため、目に原因があると思いがちですよね。しかし、体の平衡感覚は目だけではなく、脳や神経、耳など頭部にあるあらゆる器官を使ってバランスが保たれています。目に異常があって眼精疾患を抱えている場合には、めまいが起きる時にもフワフワと体が浮き上がるような感じの眩暈が起きることが多いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ