子供の眼の病気

子供の眼の病気について

生まれたばかりの赤ちゃんは、視力がほとんどなくて0.01程度しかありません。しかし、視力は生まれてから発育が始まるものなので、それはごく一般的なこと。生後1年ぐらいまでには視力は1.0ぐらいまで成長し、就学前には視力は確率されると言われています。

子供が抱える目の病気は、老化現象が原因の白内障や緑内障などはかなり少なく、ほとんどの場合には視力に異常が起きるケースが多いようです。生活習慣が原因となる近視や遠視、乱視なども多いようですね。

・弱視
近視でも遠視でも、また乱視でも、視力が低下して良く見えない状態になっていることを、弱視と呼びます。弱視にはいろいろな原因があり、脳や神経に異常がある場合もあるようですが、脳や神経に異常があるわけではなくても、目のレンズ機能やフィルム機能がうまく機能せずに視力が低下してしまうケースなどもあります。原因が良くわからないことが多いのも、子供の弱視の特徴と言われています。弱視になると、視力が0.04 〜0.3ぐらいにまで低下することも多いですし、視野が狭くなってしまうという症状が起きることもあります。

・斜視
通常の場合、左右の眼球は常に同じ動きをし、何かを見た時には左右の眼球とも同じ方向を向いて、視線の方向は同じになります。しかし、斜視になると、右と左の視線が微妙にずれてしまいます。左右どちらかの自然が外側もしくは内側に向いてしまうことが多い斜視は、視線が外側に傾くと外斜視、内側に傾けば内斜視と呼ぶことが多いようです。斜視の原因はいくつかあり、眼球をコントロールする筋肉に原因があったり、脳の機能に原因があったりすることが多いようです。

しかし、斜視の多くは、集中して何かを見ている時には斜視の症状が起きず、ぼんやりしている時に起きることが多いようです。手術で筋肉の位置を調整することもありますが、多くの場合にはメガネやコンタクトで治療することが多いようです。斜視が原因で視力が低下するケースもありますが、日常生活に支障がない場合には、特に治療は必要ありません。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ