涙と眼の病気

涙と眼の病気について

涙は体内で常に分泌され続けていて、眼球の表面を保湿する働きをしています。常に分泌されている涙が眼からあふれ出てこないのは、涙腺部分にある筋肉によって目の外に涙がこぼれてこないように調整されているから。感動したり悲しい時などに涙を流すという場合には、筋肉のコントロールによって涙が出てくるのですが、涙が出る原因も意思もないのに勝手に涙が出てくる場合には、もしかしたら目の病気かもしれません。

涙は涙腺で分泌され、眼球が渇いてしまわないように保湿をしたり、眼球にくっついたゴミやほこりなどの老廃物を排出する働きをしていますが、過剰な分は鼻の方に排出される仕組みになっています。しかし、涙が生成されてから鼻の方に排出されていくまでの経路の中でどこかが詰まってしまうと、涙が正常に循環しなくなるので、目から意思に反して涙があふれ出てきてしまいます。涙や目やにが止まらない病気の場合には、まず最初に、涙腺のどこかが詰まっていないか、詰まっているならどこが詰まっているのかを検査することが多いようですね。

・鼻涙管の閉塞・狭窄
涙が生成されると、まずさ最初に涙嚢と呼ばれる「涙の貯蔵ダム」にためられます。このダムに細菌が入り込んでしまうと涙嚢炎を起こして鼻涙管が詰まりやすくなったり、詰まってしまうことがあるようです。この疾患は生まれたばかりの赤ちゃんに多いのが特徴で、慢性的な疾患に発展することも多いようすが、成長とともに自然治癒することも多いと言われています。

・涙道の狭窄
涙の通り道である涙道が細くなると十分に涙が流れなくなってしまい、流れきれなかった分の涙が眼からあふれ出してくることもあります。涙道の炎症や感染、外傷が原因となることが多く、場合によっては涙道を広くする手術が行われることもあるようです。

・ドライアイ
ドライアイは涙の生成量が低下してしまう病気。よりたくさんの涙を分泌できるように水分補給をしたり、濡れガーゼマスクを着用するなどして、目元が乾かないようにケアすることで少しずつ治療していきます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [眼の病気館]について

眼の病気の症状や原因についての基礎知識をはじめ、加齢や涙に瞼との関係についてや、飛蚊症、光視症、網膜剥離、眼瞼痙攣、角膜潰瘍、円錐角膜、原田病、糖尿病網膜症、、角膜炎等などの各種眼の病気についてまで幅広く奥深くまで解説した「眼の病気」総合情報サイトです。眼の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [眼の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ