脳血管疾患とは

脳血管疾患について

日本人の死因としては第3位といわれている脳血管疾患。がんや心疾患などに続いて、日本人が起こしやすい疾患です。脳血管疾患は大きく分類すると、脳梗塞と脳出血に分類することができます。どちらの場合にも、すぐに処置をしなければ死に至ることも少なくありませんし、たとえ一命をとりとめた場合でも、日常生活に支障が出るぐらいの障害が残ってしまうケースも少なくないようです。

・脳梗塞
脳梗塞は、血管の中に脂肪や老廃物などの塊が詰まってしまう疾患です。スムーズに流れているはずの血管が詰まってしまうと、その先の血管には通常なら血液を通して送られるはずの酸素や栄養素が送られなくなってしまいます。また、血管の一部が詰まったからといって血液の流れが止まってくれるわけではなく、あとからどんどん血液が流れてくるため、その部分の血管が出血してしまうこともあります。

また、血管の中に塊ができることによって、その先の血管が細くなり、十分に栄養や酸素が送られなくなってしまうこともあります。そうすると、脳のあらゆる部分に異常が起こりやすくなり、意識障害、知覚障害、運動障害などの症状が少しずつ進行していくこともあるようです。脳梗塞の中でも脳塞栓になると、ある日突然阪神がマヒしたり、けいれんを起こすことがあるのだとか。しかも、それによって自分が脳梗塞を発症していたことを初めて知る人もいたりするようです。

・脳出血
脳から出血することを脳出血と呼びます。なぜ脳で出血が起きるのか、その原因にもいろいろありますが、生活習慣や食生活などが原因で血液がドロドロになって詰まりやすくなったり、血管が細くなると、その部分の血圧が高くなり、血管が血流を支えきれずに破けて出血してしまうというケースが多いようです。脳出血は突然起こるもので、突然意識を失って倒れ、そのまま昏睡状態になってしまうことも多いようです。万が一、一命をとりとめることができても、半身まひなどの生涯が残ってしまうことも多いといわれています。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脳血管疾患対策館]について

脳血管疾患の症状や種類、検査方法の基礎知識をはじめとして、後遺症や脳卒中との関係の解説に、リハビリや看護方法の紹介等など脳血管疾患について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。脳血管疾患に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [脳血管疾患対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ