脳血管疾患と脳卒中

脳血管疾患と脳卒中について

脳内の血管が詰まったり流れが悪くなってしまうことにより脳にダメージをうけてしまう脳血管疾患。脳血管疾患には、脳卒中や脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など、いろいろな脳疾病が含まれています。脳血管疾患の中でも、血管がぎゅっと詰まって脳内で出血が起きたりすると、それは発作となります。脳血管疾患の発作は脳血管発作と呼ばれることもありますが、脳卒中と呼ばれることもあります。つまり、脳卒中は脳血管疾患が発作を起こしていた状態のことを指していると考えるとよいでしょう。

脳卒中は、脳内の血管が破れて出血し、脳が発作を起こしている状態です。多くの場合には生活習慣病などによって血液がドロドロになって詰まりやすくなっていたり、血圧が高くなって血管がもろく破れそうな状態が続いていたりするなど生活習慣や食生活が原因で少しずつ脳血管疾患が進行していくことが原因です。しかし、交通事故などで脳に激しいダメージを受けた場合には、それまで健康だった人でも脳内で出血が起きたりするケースもあります。生活習慣病によって生き起こされる確率が高い脳卒中ですが、生活習慣病以外でも起こる可能性がある疾病問ことは理解しておきたいですね。

脳卒中は発作なので、発作が起きたらすぐに救急車で病院に行き、直ちに治療をスタートすることが必要です。発作から3時間から6時間以内なら、脳内の出血が起きている患部に直接薬物治療を行うことができるので、後遺症が残りにくくなったり、後遺症が残った場合でも軽度だったりすることができるかもしれません。ゆすを見るために放置するのは、脳卒中においては厳禁です。

脳卒中は、ひどい場合にはそのまま意識混濁になって死亡してしまう可能性もありますが、軽度の発作の場合には、発作が起きたことを自覚しない場合などもあったりするようです。自覚症状がない脳卒中hの場合には、すぐに回復したり後遺症なども残らないから心配ない、と放置しがちですが、これもNG。脳卒中は再発しやすい疾病ですし、すぐに治療を始めることによって再発を防止することも可能です。生活習慣や食生活を改善するだけではなく、必ず専門家の治療を受けるようにしてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脳血管疾患対策館]について

脳血管疾患の症状や種類、検査方法の基礎知識をはじめとして、後遺症や脳卒中との関係の解説に、リハビリや看護方法の紹介等など脳血管疾患について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。脳血管疾患に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [脳血管疾患対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ