脳血管疾患と特定疾病

脳血管疾患と特定疾病について

特定疾病ってご存知ですか?特定疾病とは、疾病として認識されているにもかかわらず、治療法が現在の医学ではまだ確立されていない疾病のこと。日本では、脳血管疾患を含めた16の疾病が特定疾病として認定されています。

脳血管疾患は特定疾病なので、万が一脳卒中などの発作を起こして後遺症が残り、日常生活で介護が必要になった場合などには、介護保険によるサービスを受けることができます。介護保険は、通常の場合には65歳以上のシニアが対象になるのですが、特定疾病の場合に限って40歳以上なら適用可能となっています。

脳血管疾患による後遺症には、半身の麻痺など運動機能の障害が起きる場合もありますし、言語障害や意識障害など、運動ではない部分で障害を起こすこともあります。特定疾病では、どんなタイプの後遺症なのかにかかわらず、脳血管疾患による後遺症はすべて特定疾病として、介護保険が適用されます。後遺症の度合いによって、どこまでのサービスが認定されるかは、ケアマネージャーが判断することになります。

例えば、脳血管疾患の後遺症によって日常生活に介護が必要になった場合には、自宅での介護サービスを受けることである程度生活することができる場合には、そうしたサービスを受けることができます。また、単身世代だったりして自宅での介護サービスだけでは生きていくことが難しいという場合には、介護保険サービスが適用される施設に入居して、そこで介護を受けながら生活することが可能になります。

ここで注意したいのは、介護保険は基本的にはシニア世代のためのサービスという点です。介護施設などに入居しても、周りはおそらくほとんどがシニアでしょう。同じ「介護」のサービスといっても、シニア世代と若い世代とでは、リハビリの種類もニーズも異なります。そのため、自治体によっては、介護保険以外のサービス、つまり障碍者施設やリハビリ施設などのサービスが提供されている場合には、年齢に応じてそうした施設への入居を進められることも多いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脳血管疾患対策館]について

脳血管疾患の症状や種類、検査方法の基礎知識をはじめとして、後遺症や脳卒中との関係の解説に、リハビリや看護方法の紹介等など脳血管疾患について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。脳血管疾患に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [脳血管疾患対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ