脳血管疾患の検査

脳血管疾患の検査について

脳内の血管が詰まってしまうことにより、その部分の血管が出血してしまったり、毛細血管の先にある細胞まで栄養素や酸素が十分に行き渡らなくなってしまう脳血管疾患。健康な人がある日突然脳血管疾患を起こすということはとても珍しく、ほとんどの場合には、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と合わせて起きることが多いようです。脳血管疾患は三大生活習慣病の中では、発作が起きる前兆の症状が現れたり、注意していれば初期症状に気が付くことができる疾患です。もしや、と思い当たる節がある場合には、面倒がらずにすぐに専門家の診察を受けてみましょう。

脳血管疾患の検査は、
・血液検査
・MRI検査
・CT検査
・頸動脈エコー
・眼底検査
などによって診断されます。

・血液検査
血液の成分バランスをチェックしたり、詰まりやすい血液科、悪質な成分が多すぎないか、などをチェックするのが血液検査です。

・MRI検査
脳内の状況を画像としてみることができる検査。自覚症状がない場合でも早い段階で見つけることができます。

・CT検査
脳内のレントゲンで、脳を輪切りにした状態の画像を見ることができます。MRIよりも制度は低いものの、スピーディに撮影できるので、まず最初にこの検査を行うことが多いようですね。

・頸動脈エコー
超音波を使って頸動脈の状態を検査する方法です。

・眼底検査
眼球よりもさらに奥にある眼底という部分の血管を検査することによって、脳内の動脈硬化や血流の様子を検査することができます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脳血管疾患対策館]について

脳血管疾患の症状や種類、検査方法の基礎知識をはじめとして、後遺症や脳卒中との関係の解説に、リハビリや看護方法の紹介等など脳血管疾患について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。脳血管疾患に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [脳血管疾患対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ