脳血管疾患と看護

脳血管疾患と看護について

脳内の血管が詰まってしまうという脳血管疾患。突然血管が詰まって脳梗塞などの発作を起こしてしまう急性タイプもあれば、少しずつ症状が進行していき最終的に発作が起きるような慢性タイプの脳血管疾患などもあります。脳血管疾患の治療は、脳梗塞などの発作が起きてからどのぐらいの時間がたっているかによって、治療方針も異なるようです。

発作を起こして3時間から6時間ほどは、超急性期と呼ばれています。ここまでスピーディに治療を開始できることは珍しいようですが、治療を始めるのが早ければ早いほど、まだ死んでいない脳細胞を救出することができます。

超急性期に治療を開始することができる場合には、太腿などの動脈からカテーテルという細いチューブを挿入し、脳内で発作が起きて血管が詰まっている部分までカテーテルを挿入し、直接に血管の詰まりを溶かす薬剤を送り込みます。患部に直接治療を施すことができるため、後遺症が起きるリスクを最小限に抑えることができるというメリットがあるようです。

発作を起こした当日でなくても、急性期と呼ばれている発作から1週間〜2週間ぐらいの間なら、薬物治療で治療を行うことができます。治療を行うことは可能なのですが、発作からかなり時間がたってしまっているため、カテーテルを使った治療を行うことはできません。

治療には薬物がつかわれますが、血管の詰まりを取り除く抗血栓療法や、抗浮腫療法、脳保護療法などの治療を行います。このうち、抗血栓療法にも血栓溶解療法や抗血小板療法、抗凝固療法などいろいろな種類があり、発作の場所やタイプなどに合わせて適せ鵜な治療方法が選択されます。これらの治療はすべて入院しての治療となるので、家族の人は看護に回ることになります。

脳血管疾患の治療は、発作からできるだけ早く治療を開始することによって、脳内に受けるダメージをできるだけ少なくすることができます。それが、看護する家族の負担を減らすことにもつながります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脳血管疾患対策館]について

脳血管疾患の症状や種類、検査方法の基礎知識をはじめとして、後遺症や脳卒中との関係の解説に、リハビリや看護方法の紹介等など脳血管疾患について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。脳血管疾患に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [脳血管疾患対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ