脳血管疾患のリハビリ

脳血管疾患のリハビリについて

脳血管疾患は、脳内の血管が詰まってしまうことにより、脳内で出血が起きたり、脳内の細胞に十分な酸素や栄養素が行き渡らなくなってしまう疾患です。生活習慣病の中では、発作の前兆となる症状などが起きることもある疾病なので、注意していれば発作を未然に予防することもできるかもしれません。しかし、発作が起きてしまうと高い確率で半身や手足にまひなどの後遺症が残ってしまうため、それを元通りに近い状態に戻すためには、入院しながらもリハビリが必要になります。

年間に20万人〜30万人が発症しているといわれている脳血管疾患は、日本の国民病と呼ばれるほど広く普及しつつある生活習慣病の一つ。そのためかどうかは分かりませんが、最近では多くの病院が、リハビリ科や療養科などを設けて、脳血管疾患などの後遺症のリハビリ患者を受け入れているようです。入院できる施設があれば、そこに入院しながらリハビリに取り組むことができますが、入院施設がない場合には、介護保険のサービスを利用したり、家族が家庭で介護しながらリハビリ施設に通うことが多いようです。

脳血管疾患のリハビリでは、発作によって障害を起こしている機能を回復させるというリハビリの目的以外にも、発作の再発を防止するという目的があります。血管の詰まりは生活習慣や食生活が原因となっていることが多いため、一度発作を起こして治療を行ったからといって、その部分のつまりは解消できても、ヘドロのようなドロドロの血液が全身を流れているわけですから、いつどこで血管が詰まってしまうのかわかりません。そのため、脳血管疾患はとても再発しやすい疾病としても知られています。

脳血管疾患のリハビリでは、発作から3週間までの急性期、その後半年ぐらいまでの回復期、半年よりも長い維持期の3つの時期に分類して、適切なリハビリを行うことになります。発作からすぐにリハビリを開始することによって、筋肉の衰えを防止する効果もあるので、脳血管疾患の手術をしても、驚くほどスピーディにリハビリが開始されることが多いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [脳血管疾患対策館]について

脳血管疾患の症状や種類、検査方法の基礎知識をはじめとして、後遺症や脳卒中との関係の解説に、リハビリや看護方法の紹介等など脳血管疾患について幅広く奥深くまで解説した専門総合情報サイトとなっています。脳血管疾患に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [脳血管疾患対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ