乳がんとは

乳がんについて

女性特有のガンの一つとして知られている「乳がん」。日本では年間に4万人の女性が乳がんにかかっていると言われていて、若い人よりも50歳を超えた人に多くかかりやすいという特徴があります。乳がんというと、女性の乳房部分にがん細胞が発生するということは誰もが知っていますが、乳房のどこでがん細胞が発生するのかによって、いくつかの種類に分類することができます。

乳房には、乳腺と脂肪という二つの組織から作られていて、乳房の大きさを決めたり、女性ホルモンを分泌するのは乳腺の働き。乳がんのガン細胞は、この乳腺で発生します。胸の表面部分を覆っている脂肪細胞からはガンは発生しないので、乳がんと言えば、かならず乳腺から発生したガンだということができます。

そもそも女性の乳腺は、乳頭を中心として、放射線状に広がっています。ライン上に広がっている乳腺は、一般的には15個〜20個ぐらいと言われていて、それぞれの乳腺が細かく小葉と呼ばれる組織に分岐しています。そして、小葉は最終的に乳管につながっています。乳がんは、小葉で発生するケースもあれば、より体に近い部分に存在する乳管で発生することもありますが、どこで発生するかによって「乳管ガン」と「小葉ガン」という種類に分類することができます。ちなみに、乳がんの90%は乳管で発生し、小葉で発生する小葉ガンは全体のわずか10%程度なのだとか。

乳がんには、他のガンではあまり見ることができない特徴があります。それは、右の乳房よりも左の乳房のほうががん細胞が発生しやすいということ。必ずしもそういうわけではないようですが、左胸の方が乳がんにかかりやすいので、乳がんのセルフチェックをする場合には、左胸を徹底的にチェックすると良いでしょう。また、乳房は内側よりも外側のほうががん細胞が発生しやすく、上半分のほうが下半分よりも圧倒的にがん細胞が発生しやすいという傾向があるようです。つまり、乳房を乳頭を中心に4等分すると、外側の上半分が最も乳がんリスクが高いということになります。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ