乳がん:骨転移と余命

乳がん:骨転移と余命について

乳がんは、早期の段階でも他の臓器へ転移しやすいという特徴があり、他の臓器に転移してしまうと治療も困難を極め、生存率にも大きな影響が出てしまいます。乳がんが骨に転移する場合には、乳がんのガン細胞が血液やリンパ腺を通って骨に転移するため、全身のどこの骨に転移しても不思議ではありませんし、一か所だけではなく、複数の骨に転移がみられるというケースもあります。

乳がんが骨転移してしまうと、何もしていなくても骨折しやすくなりますし、脊髄が圧迫されることによって神経系統にも異常が出て、手足がしびれやすくなったり、ビリビリと麻痺するような症状が出たりすることもあります。骨に転移したかどうかは、骨の自覚症状が出なければ分かりませんが、骨にがん細胞が転移するほど進行している乳がんは、かなり末期症状だという専門家も少なくありません。

骨転移がみられると、手術によってがん細胞を取り除くことは難しくなります。そのため、治療方法は放射線治療が選択されます。かなり末期症状の乳がんでも、どんな治療を行うかによって余命をグンと長くすることも可能なので、末期症状だから余命いくばくもない、というわけではありません。あきらめずに治療を続けることによって、末期症状の状態を何年間もキープしながら、日常生活を送ることも十分に可能です。寝たり気になることもなく、日常生活を何年間も続けられるケースも少なくないので、できるだけ早期に治療を始めましょう。

乳がんの骨転移は、乳房のガンに加えて、骨に転移したガンという二つの種類のガンを同時進行で退治することになります。骨への転移は放置しておくと骨が弱くもろくなり、何もしなくても骨折して激痛になってしまうため、寝たきりになる可能性も高いもの。そうならないようにするためには、できるだけ早期に治療を始めることが必要です。治療することによって完治するわけではありませんが、痛みを少なくし、症状の進行を遅くする効果が期待できます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ