乳がん:骨転移ハーセプチンの効果

乳がん:骨転移ハーセプチンの効果について

乳がんは、あまり進行していないステージでも他の臓器に転移しやすいという特徴があります。特に、骨に転移してしまうと、何もしなくても骨がもろくなり、骨に体重がかかるだけで骨折するなどの症状が起こりやすくなってしまうため、できるだけ転移する前に早期発見と早期治療が望まれています。転移性の乳がんと診断された場合には、ハーツー(Her-2)と呼ばれるたんぱく質の量を測定し、この成分が多い場合には、ハーセブチンという抗がん剤を使った薬物治療が効果的と言われています。

転移性の乳がんと診断されても、必ずしもハーセブチンが効果的というわけではありません。転移性の乳がんでも進行がマイルドな場合には、まずホルモン受容体検査が行われ、陽性の場合には閉経しているかどうかによって治療方針が決まります。すでに閉経している場合にはアリミデックスという薬物治療が選択されますが、まだ閉経前の場合にはゾラデックス、リューブリンとノルバデックス、フェアストンなどの薬物治療が行われます。この療法は、ホルモン療法と呼ばれる薬物療法となります。

一方、ホルモン受容体検査の結果、陰性と判断された場合にはハーツー検査が行われ、その検査結果によっても治療方針が変わります。ハーセブチンが治療方針として選択されるのは、ハーツー検査で陽性反応が出た場合です。ハーセブチンによる治療は、抗がん剤を使った化学療法という治療法となります。

ハーセブチンを使って乳がん治療を行うことによって、乳がんの余命が拡大に延長されるという効果が期待できます。転移性の乳がんだと診断された場合には、すぐにハーツー検査も行い、この検査結果が要請の場合には、すぐにハーセブチンを使った化学療法を行ったほうが、大きな効果が期待できるのだとか。ただし、ハーセブチンには、副作用としてだるかったり熱っぽくなったり、寒気や悪寒などの症状があるので、その点は理解しながら治療に取り組んだほうが良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ