乳がん検診のポイント

乳がん検診のポイントについて

女性なら誰でもかかるリスクがある乳がん。ホルモンバランスが崩れだす40代以降には乳がんのリスクも高くなるため、健康保険が適用されるマンモグラフィ検査なども、健康診断のメニューとして加わります。それまでの若い年代では、残念ながら乳がん検診は行われていませんが、血縁に乳がんになっている人がいたりしてリスクが他の人よりも高いという場合には、リクエストで検診を受けることも可能です。

乳がん検診は、年代によってポイントを押さえた検診を行うのが効果的です。

まず、年齢に限らずに月に1度は行いたいのがセルフチェック。お風呂に入った時などに乳房にしこりがないかどうかを自分でチェックするという方法です。乳がんの初期症状は「シコリ」が多いたため、早い段階で自分でしこりを発見できれば、それが早期治療に結びつき、完治できる確率がアップします。

20代の頃には、基本的にはセルフチェックによる自己検診を行っていれば安心ですが、DNAに乳がんになりやすいリスク因子が入っている場合には、超音波検査やマンモグラフィなどの検査を受けることで、早期発見することも可能です。

30代もまだ乳がんのリスクはそれほど高くありません。しかし、未婚の女性や出産経験のない女性はこのころから乳がんのリスクが高くなってくるので、年に一度は健康診断として、視触診や超音波検査を受けたほうが良いでしょう。これらの検査で異常がなければ、とりあえずは安心ですが、乳がんの疑いがある場合には、マンモグラフィの検査が行われます。

40代に入ったら、誰でも乳がんのリスクが高くなります。年に一度はマンモグラフィ検査を乳がん検診として行ったほうが良いですね。この際、胸の状態によってはマンモグラフィで上手に検査できないというケースもあるため、ケースバイケースで超音波検査が行われることもあるようです。基本的には、マンモグラフィか超音波検査のどちらかが選択されますが、場合によってはどちらの検査も必要になるという人もいるようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ