乳がん検診:超音波マンモグラフィ検査

乳がん検診:超音波マンモグラフィ検査について

乳がん検診においては、まず最初に視診や触診によって、明らかに乳がんの疑いがあるかどうかを検査されます。乳がんのリスクがそれほど高くない20代〜30代にかけては、この検査のみで乳がん検診が終了しますが、乳がんリスクが高くなる40代に入ると、乳がん検診でも年に1度、超音波検査やマンモグラフィ検査を行うことになります。健康保険が適用されるので、40代に入った女性は、少なくても年に1度はマンモグラフィもしくは超音波の検査を受けて、乳がんだった場合には早期発見できるようにしたいですね。

乳がん検診で採用されている超音波検診とマンモグラフィ検査は、一般的にはどちらか一つを行えばよいのですが、場合によってはどちらも受けなければいけないケースもありますし、乳房の状態によっては自分でどちらかを選択できないケースもあります。

マンモグラフィー検査では、乳房全体を画像化することができるので、どこにシコリが存在するかを正確に把握することができます。また、石灰化しているシコリなども、0.1oぐらいの大きさから発見可能なので、より正確な検査結果を手に入れることができます。一方、超音波検査の場合には、調べたい部分のみを検査するので、乳房全体の画像を手に入れることは不可能、しかも、超音波による検査なので、シコリの有無を確認することはできますが、小さなサイズの石灰化したシコリまでを見つけることは難しいと言われています。

これだけを見ると、超音波検査よりもマンモグラフィのほうがはるかに優秀な検査方法だというような気もしてしまいますよね。しかし、超音波検査のほうがマンモグラフィよりも優れている点もあります。それが、シコリの判別。マンモグラフィでは、乳腺が発達している場合にはシコリを見つけづらいと言われています。しかし、超音波検査では、乳腺がどれだけ発達していても、シコリを確実に見つけだすことができます。

どちらの検査が向いているかは、乳房の状態を見ながら、乳腺が発達していそうな場合には超音波検査が選択されたり、マンモグラフィと超音波の両方を行ったりするなど、医師が判断することが多いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ