乳がん検診:針生検

乳がん検診:針生検について

乳がん検診では、まず最初に視診や触診などによって、明らかにシコリがあるかどうかの検査が行われ、シコリが確認された場合には、そのシコリが良性のものか悪性のモノかが検査によって判断されます。乳がん検診にはいろいろな検査があり、シコリの有無や大きさ、形、場所などから明らかに良性だとわかるケースもあれば、良性か悪性か、より詳しい検査を行わなければ分からないというケースもあります。場合によっては、シコリの成分を検査してみなければ悪性かどうか判断できないということもあり、その場合には、細胞診や針生検などの検査が行われます。

どちらの検査も乳房のシコリに針を刺すという点では同じですが、針生検のほうがより太い針を使っていて、より多くの細胞組織を採取できるという特徴があります。細胞診の場合には注射針程度の針が使われるので麻酔なしで行われることが多いのですが、針生検の場合には局所麻酔が必要になります。

針生検の検査を行う際には、マンモグラフィや超音波検査も行いながら、シコリがある場所を確実に把握しながらシコリの成分が採取されます。かなり太めの針を使うため、どうしても肌の内側部分でも出血を避けることはできず、肌の内側に血の塊ができてしまうことも多いようですね。患者さんへの負担は大きいというデメリットはありますが、細胞診よりも確実にシコリが乳がんかどうかを診断できるため、何回も検査をするのが嫌な場合には、最初から針生検を選択する患者さんも多いようです。

針生検の検査は、基本的に入院する必要はなく、外来でさっと検査を行うことができます。食事制限などは特にありませんが、アスピリン、クロピドグレル、ワルファリンカリウム、タピガトランなど抗血栓薬を服用している場合には、医師の指示に従って、針生検を行う数日前からそちらの薬の服用はストップすることもあるようです。医師に相談してみてくださいね。

針生検の検査を行うことによって、乳がんかどうかが分かりますし、乳がんでない場合でも、なぜ乳房にしこりができてしまったのか、その原因をはっきりと突き止めることができます。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ