乳ガンの原因

乳ガンの原因について

ガンの中には、生活習慣や食生活が原因で発生する顔もありますが、乳がんの場合には、女性ホルモンというホルモンががんの発生に大きくかかわっていることが分かっています。女性ホルモンの分泌が活発な人ほど乳がんにかかりやすいと言われていますが、女性ホルモンの分泌が活発という人は、成長期に胸の成長も活発だった傾向にあります。胸が大きな巨乳の人ほど乳がんにかかりやすいというのは、間違いではないのです。

日本国内では年間に4万人以上が発症すると言われている乳がん。女性ホルモンの分泌によって乳がんが発生するのは直接的な原因ですが、実は私たちの生活習慣やライフスタイルの中に、女性ホルモンの分泌を過剰にしてしまう原因もたくさん潜んでいます。

例えば、食生活。女性ホルモンは成長期の女性なら体内でも自然に作られて分泌されますが、食生活が欧米化することによって、女性ホルモンが脂肪とともに体内に蓄積されてしまいます。体内に女性ホルモンの量が過剰になってしまうと乳がんのリスクが高くなるというわけですね。食生活を改善して乳がんリスクを下げるためには、脂質の少ない食べ物を積極的に食べることが必要です。

また、国内で乳がんにかかる女性の数が急増しているのは、出産をしない女性が増えていることも大きく関係しています。既婚女性と未婚女性とでは乳がんの発生率も大きく異なっていて、未婚女性の場合には既婚女性よりも4倍近くのリスクがあると言われています。国内では出産せずに独身のまま一生を過ごす女性が増えていたり、少子化で出産する場合でも1回のみという女性が多いため、乳腺の通りが悪くなって乳がん発症につながっていると考えられています。

また、ヘルシーかどうかは別として、肥満体型よりも痩せている体型のほうが乳がんリスクが高いと言われています。過剰なまでのダイエットで体に十分な脂肪がついていないと、脂肪であるバスト部分に女性ホルモンが過剰に蓄積してしまうために乳がんにつながるのかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ