乳がんとプラセンタ

乳がんとプラセンタについて

肌の内側では女性ホルモンと同じ働きをすることによって、若かったころの美肌や美髪を取り戻すことができる美容成分として大人気のプラセンタ。サプリとして摂取している女性も多いのではないでしょうか。女性ホルモンが体内に過剰に蓄積されてしまうことが原因で起きる乳がんは、プラセンタの摂取が原因で起きることもあると言われていますが、これはどのぐらい本当なのでしょう?アラフォー世代以上の女性にとっては、美容のために摂取していたプラセンタのせいで乳がんにかかってしまったのでは、せっかくのアンチエイジングも意味がありませんよね?

サプリとして摂取するプラセンタは、皮膚のターンオーバーを促進したり、肌の内側から新しい細胞を作る作用があるので、体内のホルモンバランスを苦ずつというほど大きな効果は認められていません。そのため、体内で女性ホルモンが過剰に蓄積されてしまうほどの作用はないため、プラセンタが乳がんを引き起こすリスクは、かなり低いと言えるようです。それどころか、乳がんの専門家に言わせると、プラセンタが乳がんの予防に役立つのだとか。

サプリメントとして経口摂取するプラセンタでは、体内に入るプラセンタの量が限られているので、乳がん予防ほどの大きな効果は期待できません。しかし、点滴によって血液内に集中的にプラセンタを入れてあげることによって、乳がん予防につながります。プラセンタには活性酸素を除去してくれる働きがあり、アンチエイジングにも大きなプラスの効果が期待できるわけですが、血液中に蔓延している活性酸素は、ガン細胞を活性化させるという働きもしています。ここにプラセンタを投入して活性酸素を除去してあげれば、ガン細胞が活性化しにくくなり、それが乳がんの進行を食い止めたり、乳がんの予防にもつながるというわけですね。

プラセンタで予防できたり進行をストップできるガンは、乳がんだけではありません。どんな種類のガンにもプラセンタの効果は証明されています。アンチエイジングのためにプラセンタのサプリを摂取している女性の人たちは、乳がん予防もかねて、クリニックてプラセンタ点滴にしたほうが、美容効果と同時に健康効果も手に入れることができるのではないでしょうか。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ