乳ガンの治療

乳ガンの治療について

乳がんの治療には、手術でがん組織を切除する手術による治療法、放射線でがん細胞を死滅させる放射線療法、化学物質やホルモン剤を使う薬物療法の3種類があります。どの治療法が選択されるかは、ガンのステージやどこまでの転移が確認されているかなどいろいろな要因によって異なりますが、乳がんの場合には、ステージ3までの場合には、ほとんどの場合、手術による外科療法が選択されます。

乳がんを手術で切除するというと、女性のシンボルでもあるバストを手術ですべて取り除くだけでなく、大きな傷跡が残ってしまうのではとイメージする人も多いもの。確かに、少し前までは命を救うためにそうした手術を行っていましたが、現在では乳がんの手術方法も劇的な進化を遂げていて、より小さな切開で手術できるだけでなく、乳房再建術によって切除前と変わらない大きさのバストを手に入れることも可能になっています。美容整形術の豊胸術の技術も高くなっているため、乳房再建術では以前よりも大きな巨乳を手に入れるという人も少なくないのだそうです。そう考えると、以前のように、乳がんの手術で胸がなくなって傷だけが残ってしまった・・とブルーになる心配も少なくなりそうですね。

乳がんは他のガンと同様に、早期発見できれば軽度の手術でスピーディにがん細胞を切除できますし、傷跡も小さく、残せるバストも多くなります。日本の乳がん切除の技術は世界でもトップレベルと言われていますが、乳房を残せるかどうか、どのぐらい切開が必要になるかどうかは、どこにどのぐらいのガン細胞が存在しているかによって異なります。場合によっては、大きな傷跡が残ってしまうケースもあるので、必ずしも「まるで豊胸手術を受けたかのような小さな傷跡で済むというわけではないのです。

放射線や薬物療法は、手術で対応できない場合に選択されます。副作用や日常生活への影響もあるため、できればこうした選択肢ではなく手術で完全切除できる段階で乳がんを発見したいですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ