乳がんのステージ

乳がんのステージについて

乳がんは、早期に発見できれば傷跡も少なく、「あら、豊胸したの?」ぐらいの傷跡でがん細胞を完全切除することが可能です。しかし、ステージが進行するにつれて手術で摘出しなければいけない部分も増えますし、手術の傷跡も大きくなってしまいます。できるだけリスクも少なく完治させるためには、早いステージで早期発見する必要があります。

乳がんのステージは、ガン細胞が発生したばかりの早期段階である0期から、遠隔転移して手術では切除できなくなってしまう5期までに分類することができます。乳がんのステージは、ガン細胞の大きさや遠隔転移しているかどうかによって区別されますが、ステージによって治療法も大きく異なるという特徴があります。ステージ0では全くしこりが確認されないため、健康診断や人間ドックなどで早期発見されることが一般的。ステージ1となると、シコリの大きさが2センチ以下になるので、セルフチェックによる早期発見も可能です。

ステージ2では、わきの下のリンパ節への転移がある場合ならシコリの大きさは2センチ以下、転移がない場合ならシコリの大きさは5センチ以下、という定義となっています。乳がんは早いステージの段階でも他の臓器に遠隔転移しやすいという特徴があるため、転移性のガンなのかどうかによっても、ステージの決め方が異なります。必ずしも、シコリの大きさだけでがんのステージが決まるというわけではありません。

ステージ3になると、局所進行乳がんと呼ばれ、かなり高い確率で他の臓器への転移が起こっています。このステージでは、シコリの大きさだけではなく、リンパ節や他の臓器への転移や皮膚への影響などによってステージ3a,3b,3cと細かく分類されます。

ステージ4は、乳がん細胞が他の臓器に遠隔転移してしまっている段階。骨や肺、肝臓、脳などにガン細胞が転移しやすく、転移が確認された場合には手術で完全切除することは鵜可能になります。化学療法や放射線治療が選択されます。

乳がんが早期段階でも他の臓器に転移しやすく、どこの臓器にどのぐらい転移しているかを早期に発見することは不可能です。そのため、転移が確認されずに手術でがん細胞を切除した場合でも、数年してからがん細胞が別の場所で、もしくは近い場所で再発する可能性もあります。これを再発乳がんと呼び、乳がんのステージとは別のステージとして区別されています。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ

血液検査キット がんリスクチェッカー 」は自宅で病院と同等の精度の血液検査をすることが可能です♪ セット内容は血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏などが入った採血セット、そして検査申込み用紙と返信用封筒になります。検査結果は、郵送、メール、インターネットで受け取ることが可能ですので便利ですよ。がんの可能性を含む早期ステージからがんの後期ステージさらには、がんの転移や再発等におけるリスクチェックに有効ですのでぜひご利用くださいね。

このページのトップへ