歯ブラシでのオーラルケア

歯ブラシでのオーラルケア基礎知識

オーラルケアの中でも主役と言っても過言ではない存在なのが、やはり歯ブラシではないでしょうか。毎日の歯磨きタイムでは歯ブラシは必要不可欠な存在ですし、歯間ブラシやデンタルフロスなどもすべて、歯ブラシで歯磨きをした後に使用するためのアイテム。歯ブラシがなくてはオーラルケアは始まりません。

歯ブラシは、たくさんのメーカーからいろいろな種類がラインナップされていて、価格帯も幅広いですよね。どんなタイプの歯ブラシが自分に適しているのかは、自分の歯茎の状態、歯の状態、健康状態、歯ブラシの使い方や力の入れ方など、たくさんの要因を考えながらピッタリのものを選ばなければいけません。

・歯ブラシの毛
1日3回歯磨きをする人にとっては、歯ブラシの毛は1か月程度で交換するのが理想的です。歯ブラシの毛先が数本、横に曲がったりした場合には、それを交換時期の目安としましょう。歯ブラシの毛は、ナイロン素材で作られているものが多いのですが、少し高い歯ブラシの中にはポリプチレンテレフタレート(PBT)と呼ばれる水はけが良い素材で作られているものもあり、その場合には歯ブラシの寿命が2倍から4倍ぐらい長くなると言われています。

・毛の形
歯ブラシの毛先を歯茎に当ててみましょう。毛先が丸く加工されている歯ブラシは歯茎に当たってもチクチクした痛みはありませんが、旅館やホテルにおかれているようなタイプのものは、毛先の加工がされていないので、歯茎に当たると痛みを感じることもあります。毛先の加工がされていない歯ブラシは、毛先が歯茎を削り取ってしまうリスクがあるので、オーラルケアではできるだけ避けたほうが良いでしょう。

・毛の密度
歯ブラシの中でもワンタフトブラシや3列ブラシなどは毛の密度が高いので、短時間の歯磨きでも効率的に汚れを書き落とすことができます。歯ブラシを選ぶ際には、できるだけ毛が密集している歯ブラシを選ぶことも、確実なおーらるケアを行うためには必要不可欠です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [オーラルケア/口の病気館]について

オーラルケアの基礎知識をはじめ各種商品アイテムの紹介、そして大人/子供乳幼児の各口の病気についての解説や、口の病気と歯や生活習慣病との関係等など幅広く奥深くまで解説したオーラルケアと口の病気にについての総合情報サイトです。オーラルケアについて詳しく知りたい方や、口の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [オーラルケア/口の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ