子供の口の病気

子供の口の病気について

子供がかかりやすい口の病気にもいろいろな種類がありますが、その中でも代表的なものは、やはり虫歯ではないでしょうか。歯磨きをしないで寝てしまったり、歯磨きをしていても磨き残しがあったりすると、どうしても歯垢や歯石が蓄積されやすくなってしまいます。それが、虫歯菌の増殖を促進して、虫歯になってしまうわけですね。

虫歯になってしまったら、虫歯の治療をしなければいけません。虫歯は放置していても自然治癒してくれるわけではなく、どんどん進行してしまいますから、できるだけ早期治療が必要になります。虫歯を完全に予防するオーラルケアはありませんが、虫歯になりやすい子供の場合には、歯の表面にフッ素塗布を行ったりして、虫歯になりにくい口内環境を作ることは可能です。

・口内炎
風邪をできると口の中に口内炎ができていたくなることってありますよね?口の中にできる口内炎にもいろいろな種類があり、アフタ性口内炎やヘルペス性口内炎などがあります。このうち、広い範囲で赤く腫れるのがアフタ性、口の仲だけでなく周辺にもポツポツができてしまうのが感染ウィルスが原因のヘルペス口内炎です。風邪や発熱などが原因で一時的に免疫力が低下していることが原因でできる口内炎なら自然治癒できますが、それ以外の場合には、なかなか自然治癒しないことも多いので、医師の診察を受けて適切な治療を行うことが必要です。

・歯の外傷
前歯をどこかにぶつけて、ポロリと撮れてしまった・・なんていう悲劇はできるだけ避けたいものですが、活発に動く子供の場合には、こうした悲劇も少なくありません。歯をぶつけて取れてしまった場合には、1時間以内に治療を行えば再び自分の歯を付ける可能性もありますが、治療をスタートするまでの時間が遅くなれば、その可能性もなくなります。前歯は審美的にも放置しておくわけにもいかないため、差し歯などの処置を行うことになります。仮に歯をぶつけて歯が取れてしまった場合には、清潔な水でさっと洗い、歯が乾かないように濡れたハンカチやタオルに包んで急いで歯科クリニックに行きましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [オーラルケア/口の病気館]について

オーラルケアの基礎知識をはじめ各種商品アイテムの紹介、そして大人/子供乳幼児の各口の病気についての解説や、口の病気と歯や生活習慣病との関係等など幅広く奥深くまで解説したオーラルケアと口の病気にについての総合情報サイトです。オーラルケアについて詳しく知りたい方や、口の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [オーラルケア/口の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ