乳幼児の口の病気

乳幼児の口の病気について

入場時がかかる口の病気をいくつかご紹介しましょう。

・乳萌出遅延(にゅうほうしゅつちえん)
生まれたばかりの赤ちゃんには、歯は一本も生えていません。しかし、生後6か月を過ぎるころには多くの赤ちゃんは乳歯が生え始めます。1歳の誕生日を迎えても乳歯が一本も生えていない場合には、乳萌出遅延と呼ばれる病気かもしれません。ただし、赤ちゃんの成長には個人差があるため、乳歯がなかなか生えないからと言ってかならず乳萌出遅延というわけでもありません。ただ成長が遅いだけでのんびりとマイペースに顔を出す乳歯もあるので、素人判断せずに医師の診察を受けてみましょう。この場合には、歯科ではなく小児歯科が担当になります。

・口唇裂・口蓋裂(こうしんれつ、こうがいれつ)
赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる時に、唇や口蓋が上手に左右くっつくことができず、離れたままの状態で生まれてしまうことがあります。上唇が上手にくっつかずに裂けたまま生まれた場合には口唇裂、口の中の天井部分がくっつかずに裂けている状態は口蓋裂となります。この病気は新生児の段階ですぐに発見できますが、新生児で手術をすることは難しいため、高唇裂の場合には生後3か月〜6か月ぐらいで手術を行うことになります。また、口蓋裂の場合には発音や発声にも影響があるため、言語が確立される前の生後1歳6か月〜2歳ぐらいで手術を行うことになります。

・上皮真珠
乳歯すら生えていない赤ちゃんの歯茎に、ぽつぽつした白井ブツブツができたら、もしかしたらそれは上皮真珠かもしれません。これは特に痛みやカユミ、腫れなどはなく、歯肉の皮が少し変形したことでできてしまった疾患です。この病気は通常の場合、乳歯が生えるぐらいの月例になれば自然治癒することが多いですし、無理にブツブツを取ろうとするとかえって歯茎に損傷を与えてしまうので、とにかく触らないようにすることが大切です。赤ちゃんも不快に感じるわけではないのd、そっとしておいてくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [オーラルケア/口の病気館]について

オーラルケアの基礎知識をはじめ各種商品アイテムの紹介、そして大人/子供乳幼児の各口の病気についての解説や、口の病気と歯や生活習慣病との関係等など幅広く奥深くまで解説したオーラルケアと口の病気にについての総合情報サイトです。オーラルケアについて詳しく知りたい方や、口の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [オーラルケア/口の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ