歯と口の病気

歯と口の病気について

口の中の病気には、主に歯の病気と口の病気に分類することができます。虫歯や歯茎から出血しているなど、明らかに歯に関係がある病気の場合には歯医者を訪れることになりますが、歯ではない口内部分、例えば舌や口の粘膜などに関する病気の場合には、口腔内科があればそこへ、ない場合には内科を受診するのが一般的です。

歯の病気には、以下のようなものがあげられます。 ・虫歯
・歯の異常
・歯が痛い
・親不知
・歯の色が変色している(色素沈着)
・歯列矯正
・インプラント
・かみ合わせが良くない
・知覚過敏

これらは、日常生活に支障をきたすために早急に治療が必要となる病気もありますし、審美的な目的のために治療を行うというケースもあります。例えば、虫歯があったり歯が痛かったり、歯や歯茎から出血している場合には、早急に治療が必要となります。放置していても自然治癒はしませんよね。また、かみ合わせが良くないことで消化器官に悪影響が出ている場合にも、できるだけ早期の治療が必要となります。一方、歯の色が黄色かったり、歯並びが良くないことが気になる場合には、審美目的で治療を行うことが多いようです。

口の病気には、
・口臭が広い
・口内炎や口角炎ができている
・舌がん
・咽頭がん
・舌にブツブツができている
などがあります。風邪を引いた時に口内炎ができる場合には放置していても時間とともに自然治癒してくれるケースもありますが、ヘルペス性口角炎などの場合にはウィルスが原因の感染症ですから、内科や皮膚科などを受診して適切な薬を処方してもらうことが、スピーディな治療となります。

口の病気は、ちょっとした症状でも、食事をする際に歯が当たって刺激が強くなったりすることも多く、日常生活に支障が出てしまう不快感によって医師の診察を受けようと決心する人も多いようです。口の病気は歯の病気とは違い、場合によっては放置していて自然治癒することもあるので、痛みがあっても少し様子を見ても良いかもしれませんね。ただし、舌や口内粘膜の色が変色してどんどん広がるようなら、ただちに診察を受けるようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [オーラルケア/口の病気館]について

オーラルケアの基礎知識をはじめ各種商品アイテムの紹介、そして大人/子供乳幼児の各口の病気についての解説や、口の病気と歯や生活習慣病との関係等など幅広く奥深くまで解説したオーラルケアと口の病気にについての総合情報サイトです。オーラルケアについて詳しく知りたい方や、口の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [オーラルケア/口の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ