デンタルフロスでオーラルケア

デンタルフロスでのオーラルケアについて

オーラルケアは、歯ブラシで歯を磨いただけでは完全ではありません。私たちの口内に生えている歯は、1本1本は複雑な形をしているわけではありませんが、複数の歯が並んでいるため、歯ブラシだけで細かい隙間までをすべて磨いて歯垢を除去することは簡単ではありません。

歯の隙間や、歯ブラシでは上手に掃除できない部分のオーラルケアを担当してくれるのが、デンタルフロスです。デンタルフロスは、歯ブラシでは掃除できないような細かい部分に使うためのアイテムなので、歯ブラシをおこなった後に使うのが理想的です。しかし、食べた直後すぐに歯を磨けない時にデンタルフロスを使って歯間の汚れを取ることもできます。

デンタルフロスには、糸巻タイプとホルダーつきタイプの2タイプがあります。糸巻タイプは、必要な長さを自分で取り、指に絡めて使うタイプで、滑りを良くするためにワックスが表面に塗られているものもあります。デンタルフロスを使い慣れていない人なら、こうしたワックスつきのものを利用した穂が、歯の間に入って行きやすく、使いやすいようです。

ホルダー付フロスのタイプは、あらかじめホルダーにピンと張られたフロスがついていて、それを使って歯間に詰まった歯垢や汚れをお掃除することができます。子供でも使いやすいように表面にワックスが塗られているものが多いようです。

デンタルフロスの中でも人気があるのは、口の中に入って水分を含むとフロスの線維が膨らむタイプ。フロスの繊維はとても細く、歯間に入れる場合にも、左右どちらの歯に対してもフロスケアをすることが必要です。しかし、口の中で膨らんでくれるタイプのフロスなら、歯間に入れた時に水分を含んで膨らむため、少ない回数のケアでもマックスに歯垢を取ることができます。デンタルフロスに時間をかけたくない人、子供がフロスを使う場合などにもおすすめです。

デンタルフロスは、できれば歯磨きをするたびに使いたいアイテム。しかし、結構な時間がかかるので、面倒だという人もいるかもしれませんね。その場合には、夜寝る前もしくは朝の歯磨きなど、最低でも1日1回は使うように心がけましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [オーラルケア/口の病気館]について

オーラルケアの基礎知識をはじめ各種商品アイテムの紹介、そして大人/子供乳幼児の各口の病気についての解説や、口の病気と歯や生活習慣病との関係等など幅広く奥深くまで解説したオーラルケアと口の病気にについての総合情報サイトです。オーラルケアについて詳しく知りたい方や、口の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [オーラルケア/口の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ