キシリトールガムでオーラルケア!

キシリトールガムでのオーラルケアについて

チューインガムに配合されている成分としてよく耳にするキシリトール。キシリトールが配合されているチューインガムは、虫歯予防のためのガムとして「キシリトールガム」と区別されることも少なくありません。

薬用成分として歯磨き粉成分にもなっているキシリトールは、虫歯菌でもあるミュータンスレンサ球菌とよばれる菌の働きを低下させる働きがあります。そのため、口の中にキシリトールが入ることによって、虫歯菌が増殖しにくい口内環境を作ることができます。

また、キシリトールはネバネバしている歯垢をサラサラにしてくれる働きもしているので、粘つきやすい口の中がサラサラになるという爽快感も実感できます。それだけではありません。歯垢がサラサラになるため、歯ブラシをすると歯垢が取れやすくなるというメリットもあります。

キシリトールには、さらに大きな効果があります。キシリトールを継続して口の中に入れてあげることによって、虫歯の原因でもある悪玉ミュータンスレンサ菌が、善玉ミュータンスレンサ菌へと変化します。善玉菌に変化することで、口の中で虫歯の原因になりやすい悪玉菌を撃退してくれるため、虫歯になりにくい口内環境へと改善することができます。

口の中が寂しくてチューインガムを手放せない人は、ぜひキシリトールガムを使うようにしましょう。甘くておいしい子供用のガムには、虫歯の原因となる砂糖成分などがたくさん入っているものです。しかし、キシリトールガムなら、そうした砂糖などは入っていませんし、虫歯を予防してくれる成分が入っているので、口の中がスッキリしながら虫歯になりにくい口内環境を作ることもできます。

キシリトールガムは、1粒もしくは1枚に、その時に必要な量のキシリトールが配合されています。たくさんキシリトールを摂取しようと何枚も一度に食べる必要はありません。それよりも、1日に3回〜5回を目安にして摂取したほうが、虫歯予防の効果は高いようです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [オーラルケア/口の病気館]について

オーラルケアの基礎知識をはじめ各種商品アイテムの紹介、そして大人/子供乳幼児の各口の病気についての解説や、口の病気と歯や生活習慣病との関係等など幅広く奥深くまで解説したオーラルケアと口の病気にについての総合情報サイトです。オーラルケアについて詳しく知りたい方や、口の病気に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [オーラルケア/口の病気対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ