ピロリ菌とは

ピロリ菌について

日本人の成人の70%以上は保持していると言われているピロリ菌。テレビのCMなどにも登場するので、ピロリ菌という名前を耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。ピロリ菌とは、胃の粘膜に生息している菌の1種で、善玉菌と悪玉菌に分類すると、ピロリ菌は悪玉菌に分類されます。胃の中は強力な胃酸によって保護されていて、多くの菌は胃酸によって壊滅状態に陥るのが一般的なのですが、ピロリ菌の場合には、そんな強い胃酸にも負けずに生息できるという驚異的な生命力を持っている菌です。

ピロリ菌は多くの人の胃の中に生息していますが、ピロリ菌による症状が出るか出ないかは、どのぐらいの数のピロリ菌が生息しているかによって異なるようです。つまり、普段はピロリ菌がいても数が少ないので問題なく生活することができますが、何かのキッカケてピロリ菌が急激に増殖してしまうと、いろいろな症状が出てしまうために治療が必要になるというわけです。

ピロリ菌に感染すると、胃の入り口に向かって感染がどんどん進行していきます。食べ物は、胃の入り口から出口に向かって一方通行で進行していきますが、粘膜の中に生息しているピロリ菌の場合には、それを逆走して、胃の出口から入口に広がってしまうことも多いようです。

ピロリ菌に感染してしまうと、慢性的に胃がもたれるようになります。暴飲暴食した時のような胃のもたれや胃炎が慢性的に続き、それを放置していると胃潰瘍や胃がんなどの疾病を引き起こすこともあります。胃炎がずっと続くと気分も体調も良くありませんし、食欲もなくなってしまうもの。そうした自覚症状が出たら、放置しても良いことはありませんから、念のために内科を受診してみるようにしましょう。

ピロリ菌は、病院で除菌してもらうことができます。完全に除菌できますし、除菌した後には胃の中にはピロリ菌が一匹も生息していない状態になるので、その後は予防に努めればよいわけです。ピロリ菌に感染していても気づかない人もいれば、感染と呼べるような症状が出ていない人なども多いので、自分に除菌が必要かどうかは、医師と相談しながら決めると良いでしょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ