ピロリ菌の除菌治療とカレー

ピロリ菌の除菌治療とカレーについて

ピロリ菌の除菌治療中には、いくつかの注意点があります。その中の一つに、カレーのような刺激物はできるだけ食べ控えることというものがあります。カレーや明太子、唐辛子などの香辛料が大好きな人にとっては、治療中のわずか1週間でも大好きなものが食べれなくなってしまうことはキツイですよね。

ピロリ菌の除菌治療中にカレーを食べても、だからと言って治療薬が相殺されて治療効果がなくなってしまうというわけではありません。しかし、胃が弱い人にとっては、カレーなどの香辛料による刺激で、胃もたれしやすくなったり、胸やけしやすくなったり、場合によっては胃炎を起こしやすくなったりすることもあります。ピロリ菌の治療中には、できるだけ胃への刺激や負担を控えてあげることが、スピーディに治療をするための秘訣。普段はカレーを食べてもいが悲鳴を上げないという人でも、ピロリ菌の治療中には胃がデリケートになっているので気を付けたほうが良いでしょう。

治療期間中に、こうした刺激物をどうしても食べたいという場合、または食べなければいけないという場合には、どうしたら良いのでしょうか?その場合には、刺激物が胃に負担をかけないような工夫をすることで、負担を軽減することも可能です。例えば、刺激物を食べる直前に、牛乳を温めて飲み、胃の粘膜に牛乳で幕を作ってコーティングしてあげるとか、大根おろしの汁を飲むのも良いでしょう。また、殺菌効果の高い緑茶を水分補給として一日に何回も飲んでいれば、ピロリ菌害の中で大量繁殖するのを抑制して売れる効果が期待できるので、除菌治療中にも効果的です。

ピロリ菌の除菌治療中には、処方された内服薬を飲み続けることが必要不可欠。普段の食生活に対して神経質になることはなく、普段通りに生活していればよいのですが、食事が原因で胃に負担がかかったりすると、治療効果が少なくなってしまってピロリ菌が完全除菌できなかったりする可能性もあると言われています。治療中は特に、暴飲暴食は控え、アルコールもたばこも辞めて、消化が良くていに負担がかからないものを選んで食べるようにしましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ