ピロリ菌除菌後の体調

ピロリ菌除菌後の体調について

ピロリ菌は、日本人では成人の70%以上が保持していると言われているほど、私たちの生活と大きな関係がある悪玉菌です。ピロリ菌を保持しているだけでは全く問題がないので、体内にはピロリ菌がいても気づかずに、そのまま普段通りの生活をしている人も少なくありません。しかし、慢性的に胸焼けがしたり胃が持たれやすかったり、胃潰瘍や胃炎などの疾患を引き起こした場合などには、ピロリ菌に感染していることが考えられるので、スピーディに治療しましょう。

ピロリ菌の治療は、薬を内服するだけなので簡単ですし、治療期間もわずか1週間程度と短期間。1回目の治療で完全にピロリ菌が撃退できなくても、2回の除菌治療を行えば、95%以上の人が完全に除菌できるという統計もあります。

ピロリ菌が体内からいなくなると、体調にも大きな変化を実感できることも多いようです。例えば、それまでは慢性的な胃もたれや胸焼けがしていた人でも、暴飲暴食をしない限りは胸焼けや胃もたれをする原因だったピロリ菌がいなくなるので、胃が健康になったような自覚をすることができます。また、今まで自分の体内にはピロリ菌がいることを知らずに生活していて、別の疾患で病院に行って初めてピロリ菌の存在を知ったという人なら、ピロリ菌を除菌治療することによって胃の調子が良くなり、内臓器官がより正常な状態へと改善されるので、便秘が改善されたり、ダイエット効果も期待できたりするようです。

その他にも、ピロリ菌除菌後の体調の変化では、多くの人が共通して実感するものがあります。それが、口臭。ピロリ菌によって胃が常にあれている状態だと、どうしても口臭も強烈になってしまいますよね。胃からくる口臭は、いくら歯磨きをしたりマウスウォッシュをしても改善できるものではありません。胃に原因がある口臭なら、その原因を改善することが口臭軽減にもつながります。ピロリ菌の除菌によって、胃に原因がある口臭で悩んでいた人なら、悩みも解消できてしまいます。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ