ピロリ菌とヨーグルト

ピロリ菌とヨーグルトについて

善玉菌の宝庫とも言われているヨーグルト。ヨーグルトを食べれば、その中に含まれている善玉菌が腸に届き、そこで悪玉菌を撃退してくれるというようなイメージがありますが、実際には、そういうわけではありません。食べたヨーグルトたちが腸まで到達するには、その前に強烈な胃酸地獄を通過しなければいけないわけで、ほとんどの善玉菌たちは胃酸によって壊滅状態になってしまいます。

胃の粘膜に常駐しているピロリ菌にとっては、腸に向かって進むヨーグルトたちが胃酸によって壊滅状態にされていても、あまり影響はなさそうなのですが、実は、乳酸菌の中にはピロリ菌除菌の効果がある善玉菌があることはご存知ですか?

ヨーグルトの中には、LG21という乳酸菌を含んでいるヨーグルトがあります。通常の甘くておいしいヨーグルトではなく、商品名にもLG21が反映されているような、甘さの少ないヨーグルトなのですが、これを食べることによって、胃の粘膜に潜んでいるピロリ菌を、なんと完全除菌することができます。完全除菌できない場合でも、毎日LG21のヨーグルトを食べることによって、体内のピロリ菌の数を劇的に減らすことができるので、医者にかかるほどピロリ菌で悩んでいるわけではないけれど、できれば少なくしたいなという場合には、ぜひヨーグルトを試してみてはいかがでしょうか?

ヨーグルトに含まれているLG21は乳酸菌の一つで、胃酸に負けることなく生きた状態で腸の中に届きます。胃の中を通るときにはピロリ菌を除菌してくれて、ピロリ菌などもすべて含めた成分を腸の中に届けながら、腸の中の悪玉菌をも撃退してくれるという、優秀な乳酸菌なのです。胃の中のピロリ菌が減少するとともに、腸内環境が改善されるので、便秘解消効果なども期待できるようですよ。慢性の便秘で悩んでいる人は、ピロリ菌の除菌作業も兼ねて、ぜひLG21を含むヨーグルトを食べてはいかがでしょうか?

ちなみに、ピロリ菌除去効果をマックスにするためには、1日2回、ヨーグルトを食べるのがおすすめ。欠かさずに朝と夜、薬を飲むような感覚できちんと食べていれば、1か月後にはピロリ菌の数も驚くほど減少するはずです。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ