ピロリ菌の原因

ピロリ菌の原因について

日本では、3500万人の人がピロリ菌に感染していると言われています。しかし、ほとんどの人は感染していてもまったく気づくこともなく、普段通りの生活を送っていると言われています。生まれたばかりの赤ちゃんにはピロリ菌はついていませんが、普段の生活のあらゆるシーンにおいて、ピロリ菌に感染するリスクはあちこちに蔓延しています。

ピロリ菌は、経口感染だと言われています。ピロリ菌に感染している人は、唾液にもピロリ菌が住んでいるので、ピロリ菌保持者とキスをしたり、食べ物をシェアすれば、自分もピロリ菌に感染するリスクは高くなります。子供の頃には親が食べ物を細かくしてから子供に食べさせたりすることもありますよね?そんな何気ない行動でも、ピロリ菌は容赦なく観戦します。

私たちの日常生活の周りには、ピロリ菌に感染する原因がたくさんあります。上下水道が完備されていない場所では、飲料水にピロリ菌が入っていることもありますし、糞尿にもピロリ菌はついています。公共のトイレを使用して、自分はきちんと石鹸で手を洗っていても、手を洗っていない人や石鹸で洗わなかった人の手についているピロリ菌が、ドアノブなどを介して自分の肌に付き、何かに拍子で自分の口にピロリ菌が入ってしまうということももち論あります。トイレのドアノブだけではなく、エレベーターのボタン、ショッピングモールのカート、自動販売機やATMなど、ピロリ菌がウジャウジャしている可能性のある場所は数えきれません。

ピロリ菌に触れても、自分の口に入らなければピロリ菌には感染しません。公共の場に出ることなく社会生活を送ることは不可能ですから、肌にピロリ菌をつけないような努力をするのではなく、自分の肌にも常にピロリ菌がついているリスクが高いということを理解し、口にピロリ菌を入れないように最大の注意をしたほうが良いでしょう。家に帰ったら必ず石鹸で手洗いをし、コップは個別のモノを使うことも大切です。また、公共の場ではやたらめったらとものに触れないようにしたり、除菌クリーナーを持ち歩いて、外食したりするときには使用するのも良いでしょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ