ピロリ菌の症状

ピロリ菌の症状について

ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜に傷がつき、胃もたれのような症状が起きます。暴飲暴食をすると、翌日には胃が重たくなって食欲がなくなってしまったり、胸やけがしたり吐き気がしたり、また、胃がキリキリと痛くなってしまうこともあるでしょう。そうした暴飲暴食後に起きるような症状が、ピロリ菌に感染すると起きることが多いようです。

普段はそうした症状がなく、寝る直前にたくさん食べてしまったとか、暴飲暴食をしてしまったなど思い当たる節がある場合には、数日間様子を見るのも良いでしょう。しかし、そういった思い当たることがまったくないのにそうした症状が続く場合や、慢性的に胃の調子が良くないという場合には、病院で念のために検査してみることをお勧めします。

ピロリ菌、良が少なければ感染してもまったく自覚症状を起こすことなく普段通りに生活できます。しかし、何かの原因でピロリ菌が大量繁殖してしまうと、胃もたれや吐き気などの症状が起きてしまいますが、放置していても自然治癒することはありません。慢性的にそうした症状が続いたり、尚樹尾がひどくなってしまったりするので、できるだけ早くに治療を進めたほうが良いでしょう。

ピロリ菌を放置していると、ただの胃もたれや食欲不振程度の症状ではすまなくなってしまいます。胃の粘膜がピロリ菌によって大きなダメージを受け続けるため、胃潰瘍になったり、慢性的な胃炎、十二指腸潰瘍などの疾患を引き起こす可能性も少なくありません。ピロリ菌に気づかずに、胃の調子がおかしいな、胃がずっと痛いという症状で病院を訪れた患者さんを診てみると、ほとんどの場合、ピロリ菌にも感染しているのだとか。ピロリ菌が原因の場合には、内服薬でピロリ菌を除菌すれば、すっきりと完治で来て音通りの生活ができるようになるので、早期治療が望ましいものです。

ピロリ菌の症状を放置していると、最悪の場合には胃がんを起こるというリスクもあります。胃がんが起きてからではピロリ菌の除菌をしてもがん細胞を消すことはできません。そうなってしまう前に、ピロリ菌の段階で治療するようにしましょう。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ