ピロリ菌の検査

ピロリ菌の検査について

ピロリ菌に感染しているかどうかは、自覚症状が歩かないかで判断すると良いでしょう。日本人の成人なら70%以上はピロリ菌に感染していると言われていますし、50歳以上のシニア世代では80%〜90%という確率でピロリ菌に感染していると言われているほど。しかし、体内にピロリ菌が存在していてもまったく症状もなく、健康被害も出ていない場合には、と句碑治療をする必要はありません。

しかし、慢性的にピロリ菌の症状が出ている人や、胃が弱くて胃炎になりやすい人、ガンの家系でピロリ菌が原因の胃癌になりたくないという人などは、ピロリ菌の検査を受けて除菌してもらうことも可能です。胃に疾患を持っている人などは、ピロリ菌の検査にも健康保険が適用されます。そうした疾患歴がない場合には、人間ドックや健康診断の際にオプションでピロリ菌の検査を依頼することもできます。この場合には検査にかかる費用は自費となりますが、木になる場合には検査しておいても良いかもしれませんね。

ピロリ菌の検査は、内視鏡を使う検査法と、使わない検査法があります。血液検査や尿検査、分検査、尿素呼気検査など、体内にピロリ菌が存在している人は、血液中や尿、便の中に、その抗体が入っています。ピロリ菌が存在していない人は持っていない抗体なので、その抗体の有無を調べれば、ピロリ菌に感染しているかどうかもわかるというわけですね。健康診断や人間ドックなどでピロリ菌検査を行う場合には、尿検査、血液検査、便の検査でチェックするのが一般的です。

既に胃炎を起こしていたり、潰瘍の疑いがあったり、症状が出ている場合には、内視鏡を使って検査を行う方法が一般的です。内視鏡検査の際には、胃の粘膜を少しだけ採取して、ピロリ菌が存在しているかどうかを培養することによって判定するというわけですが、最近では、ピロリ菌が持っている酵素の一つ「ウレアーゼ」を検査することによってピロリ菌の有無をチェックする検査法なども一般的となっています。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ