ピロリ菌の除菌

ピロリ菌の除菌について

ピロリ菌に感染していて、胸やけ、胃もたれ、食欲不振などの症状が出ている場合、胃潰瘍や胃炎などの疾患を引き起こしている場合には、病院でピロリ菌の除菌をすることになります。ピロリ菌の除菌は、特に入院する必要もありませんし、内服薬で簡単に除菌することができますが、この際、菌の繁殖を抑える「抗菌薬」と、胃の疾患を起こしにくくする「胃酸の分泌を抑えるための治療薬」の2種類が併用されることが多いようです。

ピロリ菌の除菌は、それほど難しくありません。医師から処方された複数の内服薬を、1週間程度内服すれば、80%の確率で完全に除菌することができます。胃炎や胃潰瘍などの疾患を引き起こしている場合には、まずはピロリ菌を除菌してから、疾患の治療に入ることが多いようです。1週間の治療で、ピロリ菌が完全に除菌できなくても心配はいりません。1回目の除菌でピロリ菌が完全撃退できる確率は80%ですが、2回の治療を行うことで、除菌率が95%以上にもなります。1回目の治療が終了したら、念のためにピロリ菌の有無を確認し、まだ頑固なピロリ菌が残っている場合には、もう一度治療を行うことによって、確実に除菌することができます。

ピロリ菌の治療は、方法は全く難しくなく、薬を飲むだけ。しかし、うっかり飲み忘れてしまったりすると、除菌効果がなくなってしまうので、治療が無駄になってしまいます。注意しましょう。ピロリ菌の除菌役は、基本的には1日2回の内服となっているので、忘れないように、アラームをセットしてでも確実に服用することが必要です。

それだけではありません。薬を飲んだり飲まなかったりすると、ピロリ菌が薬に対して耐性を持ってしまい、治療薬では効果が出ない強力なピロリ菌になってしまう可能性もあります。そうなってからでは怖いですよね。ピロリ菌が原因で胃の疾患を引き起こしたり、胃がんになってしまったりするかもしれません。そうならないために、1回目と2回目の治療ぐらいでスピーディにピロリ菌を完全撃退するのが理想的です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ

胃がんリスクチェック!! 「ピロリ菌感染検査キット」は血液からの検査と同じく、ピロリ菌抗体を尿からおこなう検査です。もちろん医療・健診機関と同等レベルの感度で、医療機関が委託している検査センターでの分析となります。ピロリ菌に感染していると胃がんへ進行する可能性があるため、早期に発見し、除去することが大切ですので、気になる方はぜひお試しくださいね♪

このページのトップへ