リフレクソロジーとは

リフレクソロジーについて

少し前から巷で話題になっているリフレクソロジーってご存知ですか?リフレクソロジーとは、一言でいえば足の裏のツボを刺激することでリラックス効果を期待したり、筋肉の緊張やコリをほぐしたり、疲労改善の効果がでる民間療法のことです。「足裏マッサージ」と呼ばれることもありますね。

足のツボというと、中国あたりで誕生したのかなと思われることも多いリフレクソロジーですが、実は、もともとはアメリカで誕生した療法だったようです。アメリカ人の医師の一人が患者を観察していたところ、足の裏や手をベッドの端や梁などに押し付けることによって痛みが軽減することを発見し、それを療法として確立したのがリフレクソロジーの始まりと言われています。

日本におけるリフレクソロジーには、台湾式とイギリス式の2つの種類がメインになっています。どちらもタイプももともとはアメリカで誕生したリフレクソロジーなのですが、台湾式はもともとのリフレクソロジーの中に中国伝統の東洋医学のメソッドも加えたものとして確立されています。

日本においては、東洋医学の要素が入っていないシンプルな足裏マッサージは、イギリス式リフレクソロジーと呼ばれることが多いようですね。なぜイギリス式なのかというと、もともとイギリス生活の経験があるキャビンアテンダントがリフレクソロジーを「イギリス式」として国内で店舗展開したのがきっかけと言われています。イギリス式のリフレクソロジーはショッピングモールや駅前など、「イギリス」という名には似つかわしくないような場所などにも出店していて、リーズナブルに足裏マッサージをしてくれるショップが多いようです。今すぐに足の疲れを取りたい、とりあえず足の裏をマッサージして気持ちよくなりたい、という人には大人気となっているようです。

リフレクソロジーは、イギリス式でも台湾式でも、すべてがハンドマッサージ。その為、マッサージを行う人の技術力によって、リフレクソロジーの効果や効能も異なります。日本においては、リフレクソロジーを要請するための学校が設立されていて、整体師が教師としてリフレクソロジーの技術を広く広める研修や教育も幅広く行われているようです。それぞれのリフレクソロジー養成学校にも台湾式やイギリス式がありますが、台湾式のほうが刺激が強く力が必要になると言われています。

スポンサード リンク

足の疲れ解消♪ 人気商品の紹介

足の疲れにお悩みであれば、フットマッサージ機器を使ってみるのも良いですヨ。ここで紹介するオムロンのフットマッサージャは、より人の手や指先に近いモミ感を目指したプログラムを用意していますので、足裏や足首、ふくらはぎを心地良くマッサージしてくれますよ。
足裏と脚の二カ所のプログラムを搭載し、指圧&もみ機能で小気味良い刺激で血行を促進し足の疲れを取ってくれます♪ よろしければぜひお試しくださいね、値段も手ごろで、片手でもラクに持ち運ぶことができる便利品です。
※詳細はこちら → オムロン フットマッサージャ TOKOTON FOOT HM-231

このページのトップへ