リフレクソロジーの歴史

リフレクソロジーの歴史について

足裏マッサージとして知られているリフレクソロジーは、起源は中国あたりかな、と考える人も多いのですが、実はアメリカで誕生した医療のための治療法だったということはご存知ですか?

もともとは、アメリカ人医師が、患者さんが足の裏や手のひらなどをベッドの端や梁などに押し付けている姿を見て、その行為で痛みが軽減できることを知り、なんとか医療のために生かすことができないだろうかと考案したものが、リフレクソロジーの誕生と言われています。その中でも、足の裏にはツボが密集していて、全身の機能とつながっているため、一つ一つのツボを刺激することによって体の機能を改善できる効果があることも考慮しながら、現代のリフレクソロジーとして発展したと言われています。リフレクソロジーでは、フットチャートと呼ばれる「足の裏の地図」も図解されていて、リフレクソロジーが始まった当初からマッサージと指圧を組み合わせた足裏マッサージが行われていたことが分かります。

もともとはアメリカで誕生したリフレクソロジーですが、長い歴史の中で各国の風習や文化に合わせてカスタマイズされていきました。

例えば、現在は英国式リフレクソロジーとして地位を確立しているイギリスのリフレクソロジーでは、18世紀のイギリスにおける「舞踏会文化」に会ったメディカルリフレクソロジーが発達しました。頻繁に開催される舞踏会に出席するため、慣れない靴を履いて踊る女性の中には、たこやウオノメ、巻き爪などの異常を起こす女性も少なくなかったそうです。その為、イギリスのリフレクソロジーでは、こうした医療行為としてのリフレクソロジーが発達、現在でもヨーロッパ諸国では、リフレクソロジーは健康保険も適用される医療行為としての地位が確立されているようです。

日本においては、英国式と東洋式、どちらも輸入されています。英国式のリフレクソロジーは元キャビンアテンダントによって紹介されたことをきっかけに大人気となりましたが、日本における英国式リフレクソロジーは、医療行為というよりはリラックス効果が期待できる足裏マッサージと考えられています。

スポンサード リンク

足の疲れ解消♪ 人気商品の紹介

足の疲れにお悩みであれば、フットマッサージ機器を使ってみるのも良いですヨ。ここで紹介するオムロンのフットマッサージャは、より人の手や指先に近いモミ感を目指したプログラムを用意していますので、足裏や足首、ふくらはぎを心地良くマッサージしてくれますよ。
足裏と脚の二カ所のプログラムを搭載し、指圧&もみ機能で小気味良い刺激で血行を促進し足の疲れを取ってくれます♪ よろしければぜひお試しくださいね、値段も手ごろで、片手でもラクに持ち運ぶことができる便利品です。
※詳細はこちら → オムロン フットマッサージャ TOKOTON FOOT HM-231

このページのトップへ