リウマチの初期症状

リウマチの初期症状について

リウマチという病気はご存知ですか?早期発見と早期治療がとても大切なリウマチは、膝や手首などの間接に発症する疾患で、放置しておくと指が変形したり、痛みが強くなって日常生活もままならなくなってしまうという特徴があります。

リウマチは、インフルエンザのようにある日突然発症するわけではありません。毎日の生活の中で、少しずつ症状が現れるため、自分自身の健康状態をよく観察していれば初期症状の段階でキャッチすることも十分に可能です。

リウマチの初期症状には、どのようなモノがあるのでしょうか?

誰でも気づきやすいのは、関節の違和感。最初は、手首、足首、膝、手や足の指などが、なんとなくしもやけになっているような感じで違和感を感じることが多いようです。かゆくなったり、神経がびりびりしてしびれるような感じになったり、どのような感覚になるかは個人差があるようですが、「そのうち治るかな」と放置してしまう人も少なくないほど、症状は穏やかにスタートすることが多いようです。

リウマチの初期症状は、お天気が良い時や温かい季節などには、自覚症状が出にくいと言われています。逆に、季節の変わり目や、寒い季節、雨が降ってじめじめしている日などには症状も出やすいようですね。一日の中でも症状が出やすい時間帯もアリ、それは、朝起きたばかりの時間帯。朝起きるといつも関節の調子が悪いという場合には、もしかしたらリウマチの初期症状かもしれません。

もちろん、初期症状のままで適切な治療をしたり、生活習慣を改善することによって、リウマチがひどくならずに軽減されることも少なくありません。おかしいなと感じたり、様子を見ていてもなかなか改善する兆しがない場合には、医師の診察を受けて治療を始めたほうが良いでしょう。リウマチかどうかは、血液検査をすれば診断できますし、初期段階で治療を始めれば、スピーディに完治することも可能です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リウマチ・神経痛・腰痛・冷え症等にお悩みであればぜひ「薬用入浴剤パインハイセンス 」をお試しください。厚生労働省の厳しい審査に合格し、医薬部外品の承認を受けた、安全な製品ですよ。温泉に入ったような気分で一日の疲れをほぐし、心身ともにリラックスしていただけます。ゆったりとしたバスタイムをお楽しみ下さいね♪

このページのトップへ