リウマチと遺伝

リウマチと遺伝について

関節部分が慢性的に炎症を起こしてしまうリウマチ。「自分はリウマチの家系だから」「リウマチは遺伝する」という言葉も良く耳にしますが、本当にリウマチは遺伝するのでしょうか?日本国内だけでも70万人〜100万人のリウマチ患者がいると言われているため、親がリウマチで、自分もリウマチにかかってしまうということは十分にあり得ることですし、遺伝的な要素でリウマチにかかったわけではなくても、偶然親子でリウマチにかかれば、やっぱり遺伝なのかなと考えることもあるかもしれませんね。

確かに、リウマチには遺伝的な要素もあります。一卵性双生児と二卵性双生児を比べてみると、遺伝子がまったく同じ一卵性双生児のほうが、二人ともリウマチにかかりやすいということも、研究の結果分かっています。これは、遺伝子に含まれている免疫異常という性質によるもので、免疫異常の遺伝子を持っている人の中でも、HLAというたんぱく質で作られている成分を多く持っている人は、よりリウマチにかかりやすいと言われています。

しかし、リウマチを引き起こす原因は遺伝的な要素だけではありません。遺伝的にリウマチになりやすい人は、ほかの人よりもリウマチにかかるリスクが高いというだけで、必ずかかるというわけではありません。また、リウマチの家系でなくても、ウイルスに感染したり、出産やストレスなどによって免疫機能が低下していれば、リウマチにかかりやすくなるものです。生活環境や性格、ライフスタイルなどによってリウマチが発症するリスクも、遺伝的なリスクと同じぐらい高いので、家系がリウマチになりやすいからと悲観する必要はないのでは?

リウマチになりやすい家系だということが最初から分かっていれば、生活環境の中でリウマチになりにくい生活を心がけることもできますよね。例えば、免疫機能が低下しないように、睡眠時間はどんなことがあっても毎日きちんと確保したり、風邪をひかないように体を鍛えたり食生活に気を遣ったりするのも良いでしょう。できることをコツコツしていれば、遺伝的な要素があってもリウマチにかかることなく過ごすことが可能です。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リウマチ・神経痛・腰痛・冷え症等にお悩みであればぜひ「薬用入浴剤パインハイセンス 」をお試しください。厚生労働省の厳しい審査に合格し、医薬部外品の承認を受けた、安全な製品ですよ。温泉に入ったような気分で一日の疲れをほぐし、心身ともにリラックスしていただけます。ゆったりとしたバスタイムをお楽しみ下さいね♪

このページのトップへ