リウマチ足の初期症状

リウマチ足の初期症状について

関節に慢性的な炎症を起こしてしまうリウマチは、関節部分なら体のどこに起きる可能性がある病気ですが、手や足など体の末端部分に発症しやすいという特徴があります。特に、足にリウマチの症状が出てしまうと、歩くという作業をするだけでもかなりの痛みを伴ってしまうため、日常生活にも支障が出てしまうことも多いようですね。

リウマチが足に発症した場合には、どのような初期症状が現れるのでしょうか?足の関節にはたくさんの骨が集まっていて、一つ一つの骨は小さくてもろいという特徴があります。そこに【関節炎】というリウマチが発症してしまうと、骨と骨がずれやすくなり、重度の場合には足が変形してしまうということもあるようです。ただし、手の指と比べると足の場合には、骨膜と呼ばれる器官が少なく、足の指も太くて短いという特徴があるため、リウマチが進行することによっておきる「変形」は軽度で収まることが多いようですね。

リウマチが足に起きると、気を付けなければいけないのは、足の裏と足の付け根部分の関節の変形です。この部分には小さな骨が細かく並んでいて、まるでモザイクアートのような構造になっているのが特徴です。モザイクアートのつなぎ目が崩れ落ちてしまうと、どうなってしまうか想像できますか?そうです、細かい骨がバラバラになってしまい、元通りの形を形成することが難しくなってしまいますよね。それが、足の変形を引き起こしてしまうことになります。

足のリウマチは、変形してしまうまでまったく自覚症状がないというケースは非常にまれなので、もっと早い段階で早期発見することも可能です。初期症状の段階で気づいて治療を始めれば、変形することなく完治することも、もちろん可能です。しかし、放置してしまうと、指の付け根や足の裏が変形しやすくなり、指がクの字に曲がってしまったり、変形した足の指が隣の指の上に重なってしまったり、日常生活でも支障が出てしまいます。症状がひどい場合には、靴を履くことも難しくなったり、通常の歩行ができなくなってしまうこともあるので気を付けなければいけません。

スポンサード リンク


フィットネスジャパンのオススメ!!

リウマチ・神経痛・腰痛・冷え症等にお悩みであればぜひ「薬用入浴剤パインハイセンス 」をお試しください。厚生労働省の厳しい審査に合格し、医薬部外品の承認を受けた、安全な製品ですよ。温泉に入ったような気分で一日の疲れをほぐし、心身ともにリラックスしていただけます。ゆったりとしたバスタイムをお楽しみ下さいね♪

このページのトップへ