生活習慣病とは

生活習慣病について

もともとは「成人病」と呼ばれていた生活習慣病は、毎日の生活習慣や食生活などが原因で起きる慢性的な疾病です。生活習慣病には、糖尿病や高血圧、肥満などがありますが、これらの疾病は自覚症状がほとんどないだけでなく、毎日の生活の中に原因があって少しずつ症状が悪化していくことが多いため、脳卒中や動脈硬化、心筋梗塞などの発作が起きるまで気が付かないというケースも少なくありません。

生活習慣病の原因は「生活習慣」と「食生活」と言われています。具体的には、食事内容や量、カロリー摂取量や栄養バランスなど、細かい部分に生活習慣病を引き起こす原因が隠れていることも少なくありません。また、運動不足によってカロリーを消費できないことも、肥満などを引き起こす原因となります。

生活習慣病は慢性的な疾患です。生活習慣や食生活を改善することで症状を改善することも可能ですが、放置したからと言って自然治癒することは少ないのも、この疾病の特徴です。症状が軽度の場合には食事療法と運動療法などで改善することができますが、症状が重度になるほど治療に要する時間や負担、労力も大きくなり、場合によっては死亡リスクもあります。それが生活習慣病の怖い部分ですね。

日本でも生活習慣病は国民病と言われるほど広く蔓延しています。日本人の死亡原因のうち、なんと半数以上は脳卒中、がん、心臓病など、生活習慣病が原因となっています。この疾病は一度発症してしまうと、なかなか完全に治癒することは難しく、一生その疾病と付き合い続けていかなければいけません。そのため、生活習慣病は発症してから治療を考えるのではなく、毎日の生活の中で発症しないように予防策を講じることが大切と言われています。

毎日の生活の中で生活習慣病を予防するためには、
・適度な運動
・栄養バランスが取れた食事内容
・十分な睡眠
が必要です。毎日こうした点に注意していれば、ある程度は予防できるかもしれませんね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ