生活習慣病と遺伝の関係

生活習慣病と遺伝の関係について

「生活習慣病は遺伝するの?」
と疑問を持つ人は少なくありません。生活習慣病の原因を一つずつ追求していくと、遺伝的な要素もゼロではありません。しかし、その割合はとても少ないもの。両親が生活習慣病でも、子供のころからヘルシーな生活を続けている人なら、遺伝的な要素によってヘルシーなライフスタイルが覆されて生活習慣病を突然発症してしまう、というケースはかなり少ないようです。

生活習慣病が遺伝すると考えられていることには、理由があります。通常、子供は両親と同じ生活空間で生活していますよね。親の生活パターンや行動パターンを見ながら子供は成長していきます。休みの日にアウトドアを楽しむのが好きな両親だと、子供のころからアウトドアに慣れ親しむため、その子は大人になってもそうしたライフスタイルが好きになることが多いようです。一方、休みの日には家でゴロゴロしている家庭では、子供でも休みの日にはゴロゴロするのが好きになり、体を動かす機会が減って慢性的な運動不足になってしまいます。

食生活にも同じことが言えます。通常、家族は同じ食生活をしていることが多く、欧米的で高カロリーな食生活が中心の家庭では、大人も子供も同じ食事をしています。そうした過程では大人の生活習慣病リスクが高くなるだけではなく、子供の生活習慣病リスクもたっか唸ってしまいますし、子供の頃にそうした食生活を行っていると、その子供が成長して大人になってからも、そうした食生活を好む傾向もあるようです。

生活習慣病が遺伝するというのは、遺伝子に生活習慣病の要因が組み込まれているというよりは、家族で同じ生活習慣や食生活を共有しているために生活習慣病になりやすい、と考えたほうが良いでしょう。子供を将来生活習慣病にさせないためには、親が努力して家族全員、ヘルシーなライフスタイルや食生活を心がけることが大切です。家族でアウトドアを楽しんだり、屋外で時間を共有することは、家族全員のストレス解消や運動不足の解消にもつながるのでお勧めです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ