三大生活習慣病

三大生活習慣病について

三大生活習慣病ってご存知ですか?三大生活習慣病と呼ばれている「がん」「心疾患」「脳血管疾患」は、生活習慣病の中でも死亡リスクの高い疾患で、日本人の死亡原因のなんと60&は、この3つの疾患が占めています。

・ガン
食品に含まれている発がん性物質や、タバコに含まれている発がん性物質などが原因で、体内にがん細胞ができてしまうガン。全身のどこにがんが発生するのかによって治療法も異なりますが、放置すると全身にどんどん転移して、最終的には死亡することも少なくありません。早期発見すれば治療することも十分に可能なガンは、定期検診を受けることで見つける人が多いようですね。

・心疾患
食生活のバランスが崩れていたり、カロリーの過剰摂取、運動不足、ストレスなどが原因によって血液がドロドロになって血管が詰まってしまったり、血管が硬くなることで詰まったり破けたり、出血しやすい状態になってしまいます。動脈硬化ですね。動脈硬化が心臓周辺で起きると心筋梗塞などの発作が起き、死亡リスクが一気に高くなってしまいます。心疾患の場合には、発作の度合いによっては数分で痛みが治まることも少なくないのですが、救急車を呼んで直ちに精密検査することが必要です。

・脳血管疾患
生活習慣や食生活が原因でドロドロになってしまった血管は、毛細血管の多い脳内では詰まりやすく破れやすい状態になってしまいます。脳内で出血が起きると、それは脳梗塞などの脳出血となり、すぐに救急車で運ばなければ命に係わる一大事となってしまいます。脳血管疾患の場合には、脳の神経にダメージを与えて半身がマヒしてしまったり、意識障害などの後遺症が残りやすいのが特徴です。

こうした3大生活習慣病にかからないためには、普段の生活の中で、できるだけ栄養バランスを考えた食生活を心がけるだけでなく、生活習慣病を引き起こす肥満にならないためにも、定期的に有酸素運動を行ってカロリーを消費することも心がけると良いでしょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ