生活習慣病の予防健診

生活習慣病の予防健診について

生活習慣病は、自覚症状がほとんどありません。それぞれの疾病ごとに、疲れやすかったり、頭痛がするなどの症状はありますが、こうした症状のほとんどは、生活習慣病でなくても疲労が蓄積していたり体調が良くない時に現れる症状ばかり。そのため、生活習慣病は早期に自分自身で発見することはかなり難しいと言われています。

しかし、早期発見することが早期治療にもつながる生活習慣病は、できるだけ早くに見つけて治療を始めることも大切です。そこで有効なのが、年に一度の予防検診です。

仕事をしている人なら職場で毎年1回は健康診断を行うケースが多いですし、専業主婦や自営業の人でも、自治体が定期的に健康診断をリーズナブルな料金で行っています。若い頃には「時間のムダ」なんていた健康診断も、生活習慣病が気になる年齢になってくると、何か見つかるのではないかとドキドキしてしまうもの。ドキドキしながらも、血液検査などを行うことで生活習慣病を早期に発見することができれば、早くに自宅で食事療法や運動療法などを始めることによって、疾病が悪化しないうちに改善することも可能です。

一般的な健康診断ではなく、もう一歩踏み込んで生活習慣病の予防や発見に特化した予防検診を受けることも可能です。生活習慣病の予防検診は、35歳以上なら健康保険が適用されるので、とてもリーズナブルに健診を受けることが可能です。それぞれの自治体ごとに行われている健康診断に参加しても良いですし、総合病院などで行われている健診の制度を利用するのも良いでしょう。35歳以上の人は、できるだけ年に1度は血液検査を含む健康診断を受けるようにしてくださいね。

生活習慣病の予防検診では、35歳以上75歳未満が対象の一般健診以外にも、40歳および50歳が対象となる人間ドック、40歳以上が対象のがん検診などを受けることも可能です。健康保険が適用されるには、こうした検査を受ける年齢などの規制もありますが、今まで全く受けたことがない人は、適用年齢でなくても必ず一度は精密な健康診断を受けるようにしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ