生活習慣病の原因

生活習慣病の原因について

生活習慣病の原因は、一般的には「生活習慣」「食生活」が原因と言われています。以前では成人病と呼ばれて、一定の年齢にならないと生活習慣病の心配もなかったのですが、最近では子供でも強いストレスにさらされていたり、食生活が欧米化したり、慢性的な運動不足になっている人も増えているため、若い年齢でも生活習慣病にかかってしまうケースも多いようです。

・不規則な生活
睡眠不足だったり、食事の回数が偏っていたり、不規則な生活を送っていると、肥満でなくても生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。疲れやストレスをため込まないように、毎日確実に7時間は睡眠時間を確保するなど、生活にリズムを付ける工夫をしましょう。

・食生活
欧米的な食事は、魚や野菜に含まれているビタミンやミネラル成分が少なく、脂質や糖質がたくさん含まれています。そして、満腹感とは別に、カロリー摂取量が多いのも特徴です。慢性的な高カロリーの食事をしていると、どうしても肥満になりやすくなりますし、血液も脂質や糖質によってドロドロになってしまい、生活習慣病にかかりやすくなってしまいます。

・ストレス
ストレスは万病の元。ストレスが蓄積すると血液中の活性酸素が急増し、糖尿病や高血圧になりやすくなってしまいます。ストレスはできるだけため込まないように、解消できるように努力しましょう。汗をかいたり、アウトドアで時間を過ごしたり、睡眠をとるだけでもストレス解消につながります。

・運動不足
運動不足になると、血液中の脂質や糖質が燃焼されず、血液がどんどんドロドロになって生活習慣病になりやすくなってしまいます。また、カロリーを燃焼できないので肥満にもなりやすくなります。

・嗜好品
タバコや飲酒は、生活習慣病への近道。その中でも特にタバコは、死亡リスクが高いことで知られています。生活習慣病にかかると禁煙を余儀なくされますから、できるだけ自分から禁煙をしたり、タバコの本数を減らしましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ