生活習慣病と食事

生活習慣病と食事について

毎日1日3回の食事は、その量や内容によっては生活習慣病を引き起こしてしまったり、生活習慣病を進行させてしまうリスクがあります。特に、脂質や糖質がたっぷり含まれている欧米的な食生活を送っている人は特に、摂取カロリーが多すぎるために、肥満にもなりやすいですよね。また、欧米的な食生活の中では、ビタミンやミネラルなど健康に必要な栄養成分を十分に摂取することができません。

欧米的な食生活が中心の世態では、生活習慣病のリスクが高いので気を付けなければいけません。摂取カロリーを調整するために食事の量を減らしたり、野菜を増やして肉を減らしたり、調理方法を考え直して、できるだけ低カロリーでおいしく楽しめる食卓を目指すようにしましょう。ビタミンやミネラルなどが慢性的に不足しやすい人は、サプリメントで補充するのも良いでしょう。

食事は、内容だけではなく食べる時間帯や食べる量なども大切です。

例えば、1日3食ではなく、1日に2回しか食事をせず、一回の食事での量が多い場合には、食事を口に入れた瞬間に血糖値が急上昇してしまうため、糖尿病を引き起こしやすくなってしまいます。特に、パンやパスタ、ご飯などの炭水化物が大好きな人は要注意。食べる順番を工夫して、野菜のように血糖値が急上昇しないモノから最初に食べ始めるなど、食べ方を工夫するだけでも生活習慣病の予防につながります。

生活習慣病を予防するには、どんな食生活が理想的なのでしょうか?

一言でいうなら、「あっさり系の和食」。そして、懐石料理のように、たくさんの小鉢を少量ずつ食べ、白米のような炭水化物は最後に食べるような順番で食べるとよいでしょう。油でコッテリあげた揚げ物よりは、蒸したり煮たり、生で食べるような食材のほうが、生活習慣病の予防には大きな効果があります。

また、食事の回数は、一日最低でも3回。食べる回数を多くして一度の量を少なくしたほうが、その逆よりも生活習慣病の予防や改善には効果的です。逆に、朝食を食べずにランチで大量に食べたり、寝る前に夜食をどか食いをするのは、NGです。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ