小児生活習慣病とは

小児生活習慣病について

以前は「成人病」と呼ばれていた生活習慣病は、普段の生活習慣や食生活などに原因があることが多く、長い年月をかけて少しずつ体内で進行していく慢性的な疾患です。運動不足による肥満、食べ過ぎや飲みすぎ、偏った食生活、ストレス、睡眠不足など、生活習慣病の原因を見てみると、どれも子供には当てはまりそうもないものばかり。しかし、最近では子供でも慢性的な運動不足になっていることが多かったり、欧米的な食生活が増えているために脂質の過剰摂取になってしまう子供も増えています。

子供の生活習慣病は「小児生活習慣病」と呼ばれています。小児生活習慣病の中でも最も多いのは、小児肥満で、運動をしないでカロリーの高いものばかり食べているのが原因となっていることが多いようです。大人の生活習慣病と同じように、肥満は他の生活習慣病を引き起こすため、小児肥満になったら糖尿病や高血圧などに気を付けなければいけません。

小児生活習慣病には、次のような疾患があります。

・糖尿病
糖質の多い甘いものが大好きな子供は、糖尿病のリスクが高くなります。運動不足と糖質の過剰摂取の組合わせで発症してしまう糖尿病。早期発見できれば、食事療法と運動療法で治療をすることもできます。

・高血圧
小児肥満が引き起こしやすい生活習慣病が、高血圧。子供の小さな心臓に多大な負担をかけてしまうため、脳梗塞や脳出血を引き起こしやすくなってしまいます。

・高脂血症
ハンバーグ、トンカツ、スパゲティ、カレーライスなど、子供が大好きな欧米的な食事には、脂質が過剰に含まれているものも少なくありません。高カロリーな食生活をすると肥満の原因にもなってしまいますが、血液中の脂質が増えてしまうと血液がドロドロになって、動脈硬化などを起こしやすくなってしまいます。

その他にも、小児肥満によって骨や関節に負担がかかってしまったり、肉離れを起こしやすくなるなど、たくさんの弊害もあります。子供と言っても食べすぎには注意して、できるだけ体を動かすような生活スタイルを身に着けることが大切です。

スポンサード リンク

フィットネスジャパン・ヘルスケア [生活習慣病対策館]について

生活習慣病の原因や特徴ついての基礎知識をはじめ、予防方法や遺伝の関係、食事や運動での対策方法等など、生活習慣病について幅広く奥深くまで解説した総合情報サイトです。生活習慣病に悩んでいる方がいらっしゃいましたらぜひご覧になってみてくださいね、すべてわかりやすい解説でお届けしております♪
フィットネスジャパンHealthcare [生活習慣病対策館] TOPページへ戻る

このページのトップへ