生命保険のシュミレーション

生命保険のシュミレーションについて

そろそろ生命保険に加入しようかなと思ったら、まず最初に自分自身のライフステージを具体的にイメージすることから始めましょう。何歳ぐらいで結婚したいのか、マイホームは購入する予定なのか、子供は持つ予定なのか、そうした漠然としたイメージでも問題ありません。マイホームを購入する予定の人なら、生命保険の死亡保障額を考える際には、マイホーム返済分のローンなども考えたほうが良いでしょうし、すでに両親の自宅で結婚後も同居することが分かっている場合には、そうした保障は必要ありませんよね。

生命保険に加入する際には、そうした趣味レーションが必要です。住宅費用だけではなく、葬儀にかかる費用はどのぐらいになるのか、残された家族の毎月の生活費はどうするのか、また、自動車のローンなどのローンの返済はどうするのか、子供の高校や大学などの学士はどうするのかなど、考えなければいけない要素はたくさんあります。それら一つ一つの項目について、自分自身で計算しながら趣味レーションしても良いですし、保険会社の外交員に相談すれば、そうしたデータはある程度持っている場合も多いため、目安となる保証額を紹介してもらえることも少なくありません。

生命保険のシミュレーションは、それぞれの保険会社によって金額が異なります。一つの保険会社では「死亡保障は2000万円で十分」と計算されても、別の保険会社では「死亡保障は2500万円は必要」と計算されることもあります。実際に起こってみなければはっきりとは分からない人生のシミュレーションを予測するわけですから、はっきりとした具体的な数字にならないのは、あらかじめ理解しておいた方がおいでしょう。

生命保険に加入するときには、一つの保険会社のシミュレーションだけではなく、複数の保険会社のものを利用してみることをお勧めします。補償額が同じでも毎月の払込保険料の金額が異なるケースも多いですし、同じ保障額と同じ保険料払い込み金額でも、特約が異なっているケースもあります。少しでも自分のニーズを満たしてくれる生命保険を見つけるためには、シミュレーションを有効活用しながら自分にピッタリの保険商品を見つけましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ