50代専業主婦の生命保険

50代専業主婦の生命保険について

外で仕事をして収入を得ているわけではない専業主婦は、もし万が一のことがあっても、家計をささえている夫が経済的に困るというケースは少ないものです。子供が小さい家庭なら、妻がいなくなることによって子供の保育代などにかかる出費が増えますが、50代の専業主婦となると、もう子供も大きかったり、場合によっては成人していることも多いですよね。

専業主婦の生命保険は、自分に万が一のことがあった時に、残された夫や家族が経済的に困らないようにという目的ではなく、自分自身のお葬式代やお墓代など、人生の最後にかかる費用をカバーするための死亡保障をつけたいものです。また、50代になれば誰でも生活習慣病や長期入院が必要となる疾病にかかりやすくなるものです。そうした長期入院をした時に、自己負担が少なくなるような医療特約が付いている生命保険なども良いかもしれませんね。

最近では、女性のための生命保険も充実しています。特に、女性特有の疾病には手厚い保障がついている保険も多いので、これからいろいろな種類の疾病や疾患にかかるリスクがある50代という年齢だからこそ、医療特約が充実した生命保険を選びたいですね。

専業主婦だけを対象にしている生命保険という保険商品はありません。しかし、女性のための生命保険、老後に向けて貯蓄性がある生命保険など、たくさんの保険商品がラインナップされています。毎月の払込保険料がどのぐらいの金額になるのかも考えながら、自分のニーズに合った保険商品を選ぶようにしましょう。

ここで気を付けたいのは、50代という年齢になると、掛け捨てタイプの定期保険でも、毎月の払込保険料の金額はけっこう高額になるという点。貯蓄性がある保険になると、毎月の保険料がかなり高額になることもあるので、本当にお得かどうかを判断しながら保険商品を選びたいですね。ファイナンシャルプランナーに相談したり、生命保険の外交員に相談しながら、複数の保険商品を比較検討しながら選びましょう。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ