がん保険とは

がん保険について

日本人の食生活や生活習慣の欧米化に伴って、癌にかかる人が多くなっている中、癌という疾病のみを保障する「がん保険」が人気となっています。欧米諸国では、もともと高額な医療費の中でも、特に治療費がかかるガンを発症してしまうと、その治療のために自己破産するほどの費用が掛かると言われています。

日本では、癌を発症して入院したり治療を行っても、毎月35400円以上の自己負担をする必要はないと健康保険によって定められているため、ガンになっても治療費と入院費用だけで自己破産となるケースはかなりマレ。しかし、治療に専念したり入院することによって、家庭の収入が途絶えてしまうことは言うまでもなく、ガン治療費以外の部分でも家計に大きな負担がのしかかかってきます。

治療が長期化しやすいガンだからこそ、万が一ガンにかかった時には、少しでも経済的な負担を軽くしたいですよね。そんな時におすすめなのが、がん保険というわけです。もともとは医療費の高いアメリカで誕生した保険でしたが、現在では日本国内でも中高年のための医療保険として人気があります。

がん保険は、生命保険の特約としてついていることもありますが、現在中高年になっている世代の人が若い時に生命保険に加入したころには、がん保険はまだレアな存在だったり、まだ発売されていないこともありました。その為、生命保険の特約としてがん保険がついていない人も多いですよね。その場合には、単独で医療保険タイプのがん保険に加入することができます。

がん保険はもともと中高年を対象として販売されている保険商品なので、40代だから加入できない、50代だから加入しづらいということはありません。ガンをすでに患っている人は、加入を拒否されてしまうケースもありますが、そうれない限りは、ガンにかかりやすい年齢の人でもリーズナブルに加入できるのがメリットです。

がん保険は、外資系保険会社、国内資本の保険会社の多くがラインナップしている人気商品。2人に1人はガンにかかると言われている日本だからこそ、安心のために加入しておきたいですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ