養老保険とは

養老保険について

生命保険の中には、貯蓄性の高い保険もあります。その一つが養老保険。養老保険は、契約期間中に万が一のことがあった場合に支払われる死亡保障の金額と、保険期間が満期を迎えた時に受け取れる満期保険金の金額が同じ金額になっている保険です。生命保険の必要性はあっても、生命保険に加入すると毎月の貯金まで手が回らなくなってしまうという場合には、貯蓄性が高く、万が一の時には死亡保障として家族がケアされる養老保険はぜひおすすめです。

養老保険は貯蓄性が高い保険ですが、金利の利回りなどによって保険会社の運用が変わってきます。2000年よりも前の頃には、死亡保障と満期受取保険金の金額は同じという保険商品が一般的でしたが、2000年以降は利回りが史上最低になっているため、養老保険に加入する年齢や加入期間によっては、死亡保障と満期受取金の金額が同じにならない養老保険もあります。

「万が一の時には死亡保障がついていて、元気に満期を迎えた時には自分自身で受け取ることができる」という養老保険は、とても魅力的ですよね。確かに、生命保険で安心を購入すると同時に、貯蓄も兼ねているので、生命保険の掛け金を無駄にしたくない人にとっては、大きなメリットがある保険と言えるでしょう。

しかし、貯蓄性があ貯金はどれもそうなのですが、毎月の保険料はかなり割高になってしまうというデメリットがあります。掛け捨てタイプの定期保険と比べれば、毎月の払込保険料は何倍も多くなりますし、修身タイプの保険と比べても、養老保険は割高感があるようですね。そのためでしょうか、最近では貯蓄性のある生命保険に加入したい人は終身保険に加入し、それ以上に死亡保障が必要になるときには定期保険を利用する家庭が多いようです。

また、最近では定期保険の特約を付けることもできる「定期保険特約付き養老保険」なる保険も人気があるようです。基本的な保障を少なめに設定し、マイホームのローン残高や子供の学費分など一時的に保障が必要になる部分は定期特約でカバーできるという保険となっています。 その他、学資保険と呼ばれる保険も、養老保険とよく似た特徴を持つ生命保険ですね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ