変額個人年金保険とは

変額個人年金保険について

変額個人年金保険ってご存知ですか?変額個人年金保険は個人年金保険の一つですが、保険料の運用次第によって、受取年齢に達した後の保障の金額が変動するというタイプの保険です。通常の個人年金保険の場合には、保険に加入する時に、受取年齢も設定されていますし、その後には死亡するまでXXX円が毎月払い込まれます、といった金額もはっきりと契約書に記載されています。保険会社の運用が悪くても、その受取金額が変わることはありません。

しかし、変額個人年金保険の場合には、運用次第では、受取予想金額よりも多い金額を受け取れるかもしれないし、場合によっては予想金額よりも少ない保障しか受け取ることができないかもしれない、という可能性があります。ハイリスク・ハイリターンな個人年金保険なのです。

現在の公的年金制度も、厳密には変額個人年金保険とよく似ていますよね?公的年金の場合には税金のように給料から天引きされてしまうので、加入したいとかしたくないという選択はできませんが、経済情勢によって、受給できる年金の金額も少なくなっています。そして、受給している年金だけでは生活が成り立たない高齢者もいたりして、社会問題にもなっていますよね。

変額個人年金保険には、払い込んだ元本だけは保証してもらえるタイプもあれば、元本割れするリスクもあるタイプなどがあります。老後の安心を購入するための個人年金保険ですから、できれば元本ぐらいは保証されている変額個人年金保険を選んだほうが、老後の安心感は大きいのではないでしょうか。

変額個人年金保険にはまた、死亡保障がついている保険もあります。基本的に死亡保障がメインとなっている保険ではないので、死亡保障の金額もそれほど多いわけではありませんが、残された家族が葬式代や墓代などで経済的に圧迫するのを少しでも軽減することができるので、変額個人年金保険に加入する人には人気があるようです。変額個人年金保険はそれぞれ特徴が異なるので、複数の保険を比較検討しながら選んでくださいね。

スポンサード リンク

フィットネスジャパンのオススメ!!

保険会社に属さないアドバイザーによる、お客様の保険料節約と保障の充実を両立させるための無料面談サービスを全国展開する「保険マンモス」が今大人気となっています。
保険マンモスの一番の特徴は、提携しているアドバイザーが全て中立的なプロのFPのため、特定の会社の商品を押し売りする事はなく、数十社の保険会社の商品から厳選して最適な保険を紹介することです。詳細は「クチコミで広まった保険マンモスの無料保険相談 」をご覧くださいね。

このページのトップへ